社会人になると、なかなか出会いもなくなってしまうもの……。

好きな人を作りたいのにそもそも出会いがない!と悩む方も多いのではないでしょうか?

でも中にはいい出会いを見つけ、結婚へとゴールインする人がいるのも事実。

社会人になってからも、男性との出会いをゲットできる人とできない人、そこにはどんな違いがあるのでしょうか?

今回は、彼氏が途切れない「愛され女子」の共通点をご紹介します。

見た目は普通でも…彼氏が途切れない女性の共通点

出会いを焦らない

いやいや焦るでしょ、と思うかもしれません。

でも、恋愛をしなければ!と焦れば焦るほど、「出会いがない」ことばかりに目がいき、後ろ向きになってしまいがち。

場合によっては、頭の中が恋愛への義務感でいっぱいになり、普段の生活も楽しくなくなってしまうこともあるでしょう。

でも、そもそも人生は「恋愛」だけがすべてではありません。

仕事や趣味、人づき合いを充実させることで、自分自身の生活はもっと楽しくなるはずです。

恋愛ばかりではなく、自分の人生そのものを楽しむこと。

それは、いい出会いへの近道でもあるのです。自分の人生を謳歌している人は、異性から見てもステキに映るものなのです。

まずは、恋愛への義務感と焦りを捨てましょう。

そして、幅広い視野を持って、いろいろなことをめいっぱい楽しんでみて。

そうすることで、あなたの人としての魅力が高まり、自然といい出会いが引き寄せられるはずです。

出会いの場に足を運んでいる

日ごろから異性との交流が多い学生時代とは違って、社会人は自分から積極的に行動しなければ、なかなか新しい出会いは生まれにくいもの。

平日は会社と家の往復だけ、という方も多いのではないでしょうか。

新しい出会いを求めるなら、日ごろから積極的に出会いの場に参加してみましょう。

「合コンや飲み会に誘われたら、とりあえず顔を出してみる」「マッチングアプリに興味が出たら、試しにやってみる」などがおすすめ。

「どうしよう……」と悩んだら、まずは思い切って実行してみましょう。失うものはありません。

社会人になってもモテる女性は、こうした積極的な行動によって、自分の力でいい出会いを引き寄せているのです。

ストライクゾーンを広めにしている

「こんな男性と付き合いたい」という条件が厳しいほど、いい出会いをゲットするのは難しくなります。

逆に、ストライクゾーンが広ければ広いほど、恋愛対象となる男性が増えるので、出会いの機会も多くなります!

理想が高く、好みの差が激しい人は、一度恋愛への憧れを整理してみるのもおすすめです。

「ルックスは人並みでいいから、とにかく優しい人が好き」など、自分の中で「ゆずれないポイント」と「妥協できるポイント」を整理してみましょう。

社会人になってからもいい出会いをゲットしている女性は、彼女自身のストライクゾーンの広さに秘訣があります。

「この人は無理!」と最初から決めつけるのではなくて、どんな男性ともまずは話してみましょう。

相手の人柄を知っていくことで、惹かれていくこともあります。「いい出会い」かどうかは、結果論です。

余分な先入観や偏見は捨てて、相手と向き合ってみましょう。

焦りは禁物

「彼氏がほしい」という気持ちと、恋愛への焦りが先走ってはいませんか?

恋愛はあくまでも生活の一部ですから、ナーバスになりすぎず、気楽に構えることがポイントですよ。

そして、ストライクゾーンを広くし、出会いの場に積極的に足を運んでいれば、自然といい出会いは訪れるはず!

焦りすぎずに自分を磨いて、自分にできることをやり、あとは待ちの姿勢でいることも大切。

社会人になってからも、異性とのいい出会いをゲットしましょう!

(柚木深つばさ/ライター)

(愛カツ編集部)