異性との距離を縮める方法のひとつ、肌と肌が触れ合う「スキンシップ」。付き合う前でも後でも、ほんの少しのスキンシップが、より親密さを深めるきっかけになります。

「スキンシップが苦手」と感じる奥手な女子もいるでしょう。でもスキンシップ=大胆、ではないんです。ほんの些細なボディタッチでもOK。異性と心を通い合わせるきっかけに。そこで今回は、奥手女子にこそ知ってほしいスキンシップのやりかたを紹介します。

この記事を読めば誰でも、スキンシップできるようになりますよ。

奥手女子でもできる!彼にもっと近づくためのスキンシップのやり方とは

食事は「横に並んで」

デートで食事に行ったら、カウンター席を選びましょう。向かい合って座るよりも横に並ぶほうが2人の距離が近くなりますよね。「スキンシップ」には距離が近いことが絶対条件。ドキドキ感もアップしますよ。

お酒の勢いで、肩にもたれかかるなんてことも、距離が近ければできるかも……。

そんな大胆なことはできない……という奥手女子も、横並びで座ることでちょっとしたボディタッチにチャレンジできるでしょう。肩や腕が触れ合うチャンスが生まれ、距離を縮めることができます。

また、横並びであれば、お互いの顔をまじまじと見なくて済むので、緊張せずに話せるメリットも。

付き合う前の緊張感が抜けない関係のときこそ、カウンターでの食事がおすすめです。

ゲームしながら「スキンシップ」

スキンシップは、ハグやキスなど大胆なやり方だけではありません。ほんの少し、たとえば指先が触れるだけでも、彼と距離を縮めるには充分なスキンシップに。

レーシングゲームや格闘ゲームなど、一緒に盛り上がれるゲームなら「やったー!」とハイタッチを交わすことができるかも。たしかに、握手したりハイタッチしたりするだけで、距離が縮まったような気がしますよね。

スキンシップにまだ慣れていない奥手女子には、ボーリングやゲームなどの屋内デートがおすすめ。一緒にゲームをすれば、自然にハイタッチする機会を作れるはずです。

彼に甘えて「お願い」してみて

自分ではできないことを彼に助けてもらうことも、スキンシップのチャンス。

たとえば、固い瓶のフタを開けてもらったり、自分では届かないものを取ってもらったり……。彼から受け取るときにスキンシップのチャンスが作れます。

「できない」「お願い」と彼を頼ることで、女性としての可愛らしさ、かよわさを印象付けることにもつながるかも。ただし、わざとらしさが目立つこともあるので、やりすぎには注意です。

なんでもかんでも「できない」と言ってしまうと、自立していない女性と思われかねません。「お願い」や「できない」を連発しないよう、ここぞというときに使っていきましょう。

お外デートでも「触れるチャンス」

最後におすすめしたいのが、VRや脱出ゲームなどのイマドキデート。最新のVRや脱出ゲームは、スキンシップのチャンスが目白押しなんです。

どうやって、お外デートで、しかもゲームでスキンシップするの?と思いますよね。これは、実際に体験するのが1番!

ゲームでは協力してプレイする場面が少なくありません。ボディタッチなしに遊ぶのは難しいくらいスキンシップの機会が多いのです。

一緒にドキドキハラハラすれば、親密さアップの効果も。デートでなにを話していいのかわからない……と悩む人こそ、近未来ゲームのイマドキデートがおすすめです。

純粋にゲームをするだけで、楽しさいっぱい、スキンシップもできるデートになること間違いなしです。

おわりに

恋人でも友達でも、スキンシップは大切なコミュニケーションのひとつ。

奥手な人も、彼と急接近するシーンをつくることで、スキンシップのチャンス増やせるでしょう。

今回ご紹介した5つの技に、ぜひトライしてみてください。

(白藤 やよ/ライター)

(愛カツ編集部)