男性からLINEが定期的に届くからといって、脈ありと考えるのはまだ早いかもしれません。

実は、男性は本命相手とそれ以外の女性に送るメッセージを明確に使い分けています。

今回は「本命には送らない」メッセージの内容ご紹介します。

男性が本命相手には送らないLINEの内容とは

仕事の愚痴

男性は基本的に、仕事の愚痴をこぼすのは、「同僚」、「友人」、「無関係な人」です。

愚痴をこぼすと仕事ができない印象を与えかねないため、プライドの高い男性はそういうリスクが少ない相手に対してしかしません。

本命の相手には仕事ができると思われたい男性が多いため、LINEでも仕事の愚痴は送ってこないのです。

仕事の愚痴に関するLINEが送られたきた場合は、恋人候補ではなく友人、もしくは、愚痴を言うための関係になってしまっている可能性があります。

スタンプのみ

適当に返信をしてつないでおきたい女性に対しては、スタンプを多用する傾向があります。

これは、いちいち文章を打つのが面倒という気持ちの現れです。

もし文章が少なくていつもスタンプばかり送られてきたら、本命ではなく友人になっているサインかもしれません。

体調不良を訴える

男性側が甘えても大丈夫と感じるまでには、恋愛関係になってからもしばらくかかります。長い人だと数か月はかかるでしょう。

基本的に「頼りになる、強い」というイメージを女性に感じてほしいと考えている男性がまだまだ多くいます。

ですから、本命の女性に「体調不良」のメッセージというのは基本的には、インフルエンザにかかってしまったりと緊急連絡が必要な場合以外は送らないと考えましょう。

本命以外の女性のデートをずらしたり、遅らせたりするときには、「体調不良」系のメッセージが届くことが多くなります。

LINE以外でもアプローチを

今回は男性が本命相手には送らないLINEの内容をご紹介しました。

しかし、LINEだけで一喜一憂する必要はありません。

これまでの彼とのやり取りを見直して、パターンに当てはまっていないかをチェックしながら、次のアクションについて考えてみましょう。

(お坊さん 恋愛コーチ さとちゃん/ライター)

(愛カツ編集部)