彼と本気でお付き合いをしていくつもりなら、なんでも話し合ってお互いが成長できるような関係性作りをしていきたいですよね。

それはきっと彼も同じはず。

でも、「本音を言うと傷つけてしまうかもしれない」……という気持ちから、「彼女本人にはなかなか言えない」という男性は珍しくありません。

もしかしたら、そんな風に彼に我慢させている可能性もあるので、男性が彼女に抱きやすい本音は何か知っておきましょう。

今回は、「本当は彼女に言いたいけど言えない本音」を男性に聞いてみました。

我慢させてない?彼が「本当は彼女に言いたいけど言えない本音」

体型を気にかけてほしい

「彼女とはマッチングアプリで出会い、付き合いました。ただ、僕と付き合って安心したのか、最近ちょっと太り気味なんです。

太っていても彼女のことは大好きですが、『彼氏の前では可愛くいたい』という気持ちが感じられないので、体型を気にかけてほしいと思います」(31歳・男性・会社員)

男性は、彼女にはいつまでも可愛くいてほしいと思うものです。

愛されているからといって、体型を気にしないなど油断をしてしまうことは、あまり好ましくないでしょう。

「そういえば最近太ってきた」なんてことはありませんか?

いつまでも初心を忘れないことが、長続きの秘訣ですよ。

求められたい

「彼女とは自然とお互いに求め合う感じで、デートも頻繁にするほどお付き合いは順調。でも、彼女から1度も寂しいとか会いたいとか言われたことがなくて……。

贅沢かもしれませんが、ちょっと寂しく感じちゃいます」(25歳・男性・フリーランス)

せっかく順調なのに、一方だけが求めてしまう関係性はちょっと残念ですよね。

とくに男性は、女性から求められたいと感じる人も多いので、可能な範囲で甘えてみましょう。

「求められている」と感じたら、彼も嬉しさを感じるはずですよ。

後だし不満を言わないでほしい

「付き合って2年になる彼女。普段は仲がいいけど、ケンカになると決まって『この前も○○してくれなかった!』と言ってきます。

その場で言ってくれないとわからないので、あとから言うのはやめてほしいですね」(28歳・男性・公務員)

女性は基本的にガマン強いので、不満があっても笑顔で接することが多いでしょう。

ただ、ひとたび感情的になると、言い過ぎてしまうことも多いのでは?

ストレスが爆発しないようにするには、不満をため込まずすぐに話し合うことがおすすめです。

彼の気持ちを察してみて

「言いたいけど言えない」というのは、ストレスがたまりやすい状況です。

ときどきは自分の言動を振り返り、「○○しちゃったけど大丈夫?」と聞いてみてもいいかもしれません。

彼の気持ちを察することを忘れないでくださいね。

(橘 遥祐/ライター)

(愛カツ編集部)