LINEのやり取りで、既読スルーされるとモヤモヤしませんか?

催促をすると「うざい」と思われそうで、なかなか言い出せませんよね。

そこで今回は、“返信がほしいとき、かわいく催促をする方法”をご紹介します!

催促しつつかわいさを出したいときに効果的なので、ぜひ最後までチェックしてくださいね。

既読スルーされたときに効果的な「かわいい催促LINE」とは?

素直に寂しいと伝える

「いい感じになっている女性から、『寂しい~』ってLINEがきたら、『あれ、俺って求められてる?』って思います」(Wさん・28歳男性/公務員)

相手とLINEのやり取りが長く続いていて急に既読スルーされたなら、素直に寂しさをアピールするといいですね。

「お仕事で忙しかった?」と変に気を使うよりも、「さみしいでーす!」と言ったほうが男性の懐に入りやすくなります。

「返信がないからもやもやしてます……!」と率直な気持ちを言うのもいいでしょう。

しかし、相手が本当に忙しくて返信を返せていない場合もあるので、アピールしすぎには注意してくださいね。

かまってほしさをアピールする

「女性とLINEをしているときに、忙しくてついつい既読スルーをしてしまいました。そしたら、その女性から『かまってほしいな』ってきて……思わずドキドキしました。

『え、既読スルー?』って催促されるのはイヤですけど、これなら全然あり」(Rさん・29歳男性/会社員)

既読スルーされたときは、甘えるような感じでかまってアピールをする方法も効果的です。

時には「かまってほしいな」と素直にお願いするようなメッセージを送ると、男心をくすぐれるでしょう。

何度も送ると相手に負担を与えるので、状況を見ながら送ってみてくださいね。

名前を呼んでみる

「自分はLINEが送られてきたら内容を確認して、場合によっては後で内容を考えて送るってことがあるんです。
でもときどき忘れちゃって……。そしたら、『ねーねー、〇〇く~ん』ってLINEがきて、かわいいなって思いました」(Hさん・26歳男性/会社員)

どれだけ忙しくても、24時間スマホを見ないという人は少ないですよね。

1日経ってもLINEが来ない場合は、返信を忘れているのかもしれません。

「まだ?」「忘れてない?」と送ると嫌味に感じられるので、相手の名前だけを送ってみるのも1つの方法です。

もし相手のことを苗字で読んでいるなら、このときは名前で呼んでみると男性もキュンとしてくれるはず!

LINEの返事がこないときは相手の状況を確認しよう

既読スルーされるのは、あまり良い気持ちではありませんよね。

しかし、嫌悪感丸出しで反応を確認すると、関係が悪化する原因につながることもあります。

なかには本当に忙しくて返事ができていないこともあるので、相手の状況を確認しつつ、かわいく催促してみましょう!

(草薙つむぐ/ライター)

(愛カツ編集部)