気になる男性が、いつも自分の話ばかりしてくる。

デート中もLINEのやり取りも自分の話ばかりで、こっちの話になると反応が薄い。

そんな様子が続くと、「これって脈ナシなのかな……。」と思ってしまう女性は多いのではないでしょうか。

しかし、女性が思っていることとは裏腹に、意外と脈アリなこともあるかもしれません。

本記事では、自分の話ばかりする男性心理について解説していきます。

意外と脈アリ?自分の話ばかりする男性心理を解説!

自分のすべてを分かってもらいたいから

人間は誰しもが、認められたい欲求を持っています。

他人に自分の魅力や中身をわかってもらえると、相手に気を許しやすくなりますよね。

自分の話をしてくる男性も、これと同じです。女性に自分自身を知ってもらいたくて、つい自分の話ばかりしてしまうのです。

そのため、女性が聞き上手だとつい話し込んでしまうことも。

この場合、話を「うんうん」と聞いてあげると、男性はあなたに好意を抱きやすくなります。

話をしっかりと聞いて彼の背中を押してあげると、効果的なアプローチになるでしょう。

自分はすごいというアピール

自慢話をすることで、「自分はすごいんだ!」という欲求を満たしたいプライドの高い男性は多いようです。

こうしたアピールは、もはや相手の性格と思ったほうがいいかもしれません。

相手に好意がある場合も同様です。この手のタイプは肉食系に多く、気になることはストレートにガンガン聞いてきます。

ときには不快に感じるかもしれませんが、そういうものだと割り切って相手のプライドを立ててあげると、男性は機嫌を良くして好意的に接してくるでしょう。

遠回しに好意を伝えている

素直にアプローチできず、あなたを振り向かせるために自分の話をしている、という可能性もあります。

たとえば、「今テニスにハマっている」「よく◯◯の音楽聴くんだけど、アレいいよね」など。

相手のことが気になるけど、ストレートに好きとはいえない……。だから、自分の話をして、遠まわしにアプローチしているのです。

しかし、なかには女性の方から行動させようとしている男性もいます。

そのような男性はこちらから動いてあげる必要があるので、男性を引っ張っていきたいと思っている女性と相性抜群ですね。

自分の話ばかりしてくる男性は意外と脈アリかも!

自分の話ばかりする男性は、必ずしも脈ナシ決定ということではありません。

女性に好意があるからこそ、自分の話ばかりしてしまうという男性も多いのです。

複雑な男性心理を理解して、恋が成就するように行動していきましょう!

(柚木深つばさ/ライター)

(愛カツ編集部)