好きな男性がいるときは、女性の方からアプローチして告白することもありますよね。

もちろん成功することもあれば、失敗することもあります。

場合によっては告白後、すでに「脈なし」のサインが出ていることも……。

どのようなサインが出ていれば脈なしなのか、1つずつ確認していきましょう。

勇気を出して告白!男性が出す「脈なし」のサインをチェック

恋愛に慣れていないとアピールする

「告白されて断るとき、ハッキリ言うのはやっぱりかわいそう。なので、恋愛に慣れていないと伝えることがあります。
ようするに、付き合うとかよく分からない……って感じです。しばらくそんな会話を続けて、うやむやにする作戦をたまに使います」(24歳/SE)

恋愛に不慣れだと言われれば、女性としてはこれ以上答えを求められませんよね。

そうしてある程度の距離を保ち、女性の熱を冷ます男性も多いようです。

男性からの連絡がない

「少し前に、女友達から告白されました。こっちとしては友達だと思っていたので、恋人としては見れない。
でも、断ったりしたら、その関係まで崩れてしまう……。
なので、向こうから連絡が来たら返すっていうぐらいの距離感を保つようにして、諦めてくれるのを待ちました」(25歳/食品)

友達と思っていた女性から告白されると、途端に連絡が少なくなることも珍しくありません。

相手からの連絡がぱったりと途絶えてしまった場合、関係の修復は難しいでしょう。

質問で返してくる

「何回か遊んだことのある子から突然電話があったんです。出たら、『好きだ』と言われました。
付き合うつもりはなかったけどいきなりそんなこと言えないから、『どこが好きなの?』って返して時間稼ぎをしました。」(24歳/内装)

答えが出ていても、即答するのはさすがに可哀そうだと思うと、質問で返して時間稼ぎをする男性も多いです。

女性が考えている間に、断るための策を巡らしていたのかもしれません。

違う話をしてくる

「告白をされて断りたいとき、僕の場合、諦めてもらうように仕向けます。そのために、将来の夢や目標を語ります。
『海外に行きたいと思っているので、そのために学ばなければいけないことがたくさんある』とか。」(28歳/デザイン)

せっかく告白をしたのに違う話をされると、女性の熱も冷めてしまいますよね。

さらにその場で夢が1番大事だと言われたら、遠回しに自分には好意がないということも伝わります。

男性はこのように違う話をすることで、女性に脈なしのサインを出しているのでしょう。

男性の脈なしサインを見極めよう!

告白に対する明確な答えがもらえなくても、すでに脈なしのサインが出ていることも多いです。

意地になってしがみつくとさらに可能性を下げてしまうので、ここはあえてサッと身を引くことで評価が上がることもあります。

男性からの脈なしのサインを感じとったら、潔く次の恋に進んでいくことも大事ですよ。

(大木アンヌ/ライター)

(愛カツ編集部)