気になる彼とLINEやデートをしているとき、「これって脈アリのサインなのかな?」と悩む女性は多いと思います。

そこで今回は、男性が本命女子だけに見せる脈あり言動5選をご紹介します。

あなたにどんな気持ちを抱いているのかチェックすることができますし、本命と遊びの見極めもできるようになりますよ。

男性に聞いた!本命女子だけに見せる「脈アリな言動」5選

ピンチの時にいつも助けてくれる

「自分の好きな女の子が困っていたら、すぐにそばに寄って行って何かアドバイスをしたくなります。

辛そうだったら手助けしてあげたり、重いものを持ってあげたり、とにかく助けたいっていう気持ちが強くなるんですよね。」(20代・学生)

このように、何か助けてくれる場合っていうのは、彼が本能的に動いてくれているサインなんです。

あなたのことを助けたいという気持ちになっているので、気になっている可能性があります。

無理なお願いでも聞いてくれる

「ちょっと無理なお願いをされても、相手が気になる女の子だったら思わずそのお願いを聞いちゃうことってありますよね。たとえば、夜遅くに会いに来てほしいとか、こういう場所にドライブに行きたいとか。

こういうことをしたいっていうお願いをされたら、俺が無理してでも叶えてあげようって思います。」(30代・広告代理店)

多くの男性はプライドが高いこともあり、好きでもない女性からのお願いを素直に聞き入れてくれない場合が多いです。

ですが無理なお願いでも聞いてくれるということは、それだけ好意を持たれているということの表れでしょう。

かまをかけてくる

「『この日って仕事なの?』とか、『仕事っていつが休みなの?』とか、さりげなく質問しちゃいますね。本当だったら直接聞けばいいかもしれないんですけど、どうも恥ずかしくてできないんです。

だから遠回しに、かまをかけるような言い方で色々と聞きたくなります。」(30代・IT関連)

あなたが今彼氏がいるのか、予定がどうなっているのかっていうのをすごく気にしているのでしょう。

自分が誘っても大丈夫なのかどうか気になるから、かまをかけるような質問をして確認しているということなのです。

節目で必ず連絡をくれる

「好きな子の誕生日や年が明けたタイミングやクリスマスなどの節目ごとに必ず連絡を入れますね。たとえば『メリークリスマス』とか、『誕生日おめでとう』っていうメッセージをちゃんと送ります。

相手が興味ある女の子であればあるほど、マメに連絡しようって思います。」(20代・飲食店)

必ず連絡をくれるということは、それだけ「あなたのことを気にしている」という意味が込められているでしょう。

節目でちゃんとメッセージが届く場合は、かなり脈ありの可能性が高いです。

なぜなら、普通はあまり気にしていない人の誕生日は覚えていないですし、興味のない人を節目のイベントのときに思い出したりはしないからです。

きちんと労いの言葉をくれる

「仕事が終わって好きな女の子とLINEしている時に、『お疲れ』とか『今日も頑張ったね』という言葉をたくさんかけています。俺は君のことをちゃんと気にかけてるよっていうのを知って欲しいので。

あえてそういった労いの言葉はたくさん使うようにしてますね。」(30代・フリーランス)

多くの男性は女性に比べてストレートで分かりやすい傾向にあります。

なので全く興味のない相手に対して「お疲れ」とか「今日も頑張ったね」というメッセージはなかなか送らないもの。

また、それが逆に好意的なメッセージと捉えられてしまって好意を持たれても、男性としては困るからです。

このような労いの言葉には「本当に好きだよ」、という男心が隠れているのかもしれません。

おわりに

奥手な男性も多いですので、ぜひ女性側からも背中を押してあげるような脈ありサインを送ってみましょう。

勇気を出して彼を誘ってみるというのも良いと思います。

本記事の内容も参考にしてみてくださいね。

(阿部田美帆/ライター)
(愛カツ編集部)