恋人の過去の相手に嫉妬してしまった経験はありませんか?

はたから見ると、男性は恋人の前の相手を気にしていないように見えるかもしれません。

しかし、実はとっても嫉妬深く思っている男性は多いようです。

そこで今回は、男性が実際に恋人の元カレに嫉妬した瞬間について、実際のエピソードと一緒にご紹介します。

負けたくない!男性が元カレに嫉妬する瞬間とは

元カレが自分よりもハイスペックだったとき

「彼女の友達と一緒に飲み会をしたことがあるのですが、つい気になって彼女の元カレについて聞いてしまいました。

どしたら、実は元カレが大学病院の研修医だったと聞いて、ショックでした……。くやしくて一気に酔いが醒めましたね」(24歳/工場勤務)

もしも元カレが自分よりも高収入だったり、学歴がいいハイスペック男子だったときに、男性は「負けているかも……」と感じて嫉妬とくやしさを感じるようです。

自分が一番であってほしいと思っている男性は多いようで、彼女の元彼があまりにも自分よりハイスペックだと、自信を失って不安に思ってしまうんだとか。

もしも彼が元カレに対して劣等感を感じていたり、くやしがっているような様子を見せていたら、積極的に彼の好きなところを伝えて自信を持ってもらえるようにしましょう。

元カレと一緒に写っている写真を見たとき

「彼女のパソコンを使っていたとき、つい出来心でフォルダの中に入っている元カレとの写真を見てしまいました。

一緒に写っている彼女が自分といるときより幸せそうに見えて、正直すごく嫉妬してしまいました」(34歳/メーカー勤務)

共通の友人がいたり、元カレが元から仲の良い友人だった場合は、彼女と元カレが写っている写真が残っている場合もありますよね。

たとえ彼女からすれば深い意味もなく残していた写真でも、彼にとっては嫉妬の原因になることも。

その写真が楽しそうな写真だった場合、彼も「自分といるよりも楽しそうにしている」と自信をなくしてしまうこともあります。

嫉妬をするのは、あなたの気持ちが自分に向いているのか不安に思っている証拠です。

もしも彼が不意に写真を見てしまっていた場合は、「消し忘れた」「別に意味はないよ」などと軽く流すのではなく、「私はあなたが好きだよ」と伝えるようにしましょう。

元カレとくらべられたとき

「彼女と付き合ってからちょうど一年になったときのこと。とくに何をするか考えていなかったせいか、『前の彼氏は記念日に遊園地に連れて行ってくれたのに』と彼女にものすごく怒られました。

元カレとくらべるような言いかたに嫉妬してしまいましたが、何も言われずに失望されるより良かったかも。次こそは元カレよりいいと思わせたいな」(28歳/アパレル勤務)

せっかくの記念日なのに、元カレと比べられてしまった彼は嫉妬するのと同時に反省もしたようです。

彼女の期待に答えらず、悲しい思いをさせてしまったことから、「元カレよりもいい男だと思わせたい」と思うようになり、彼女に尽くすようになったんだとか。

もしも彼のやる気を感じられなかったり、もっとこうしてほしい……という思いがあるときは、思い切って元カレの話を出したほうが効果的なことも。

しかし、なんでも元カレとくらべてしまうと、彼を怒らせてしまう可能性もあるので注意しましょう。

嫉妬が悪影響にならないように注意しよう

彼氏にとって、彼女の元カレはどうしても気になってしまう存在。

元カレとくらべられたことで、「負けたくない!」と前向きに努力する男性もいますが、間違って彼の自信を失わせてしまうと2人の関係に悪影響を及ぼす可能性もあります。

彼のことを思うなら、元カレの話を引き合いに出すのは控えた方がいいかもしれません。

(愛カツ編集部)