付き合ったなら、自然に手をつないで、自然にハグをして、そのままキスも……。

そんなラブラブな日々を期待していたのに、彼が全然触れてくれない!

そんなことでお悩みではありませんか?もしかすると、触れてくれないその行動こそ、彼氏が本気であるサインなのかもしれません。

男性が本気で付き合っているサインとは

まだ好かれている確証が得られない

付き合い始めたからといって、相手の「好き」という気持ちが固まっているとは限りません。

付き合いたては、まだこれが現実なのかどうか、フワフワしたているというのが正直なところ。

告白されたにしろ告白してOKされたにしろ、彼女が自分のことを本当に好きだと彼氏が確信できるのは、もう少しあとなのかもしれません。

まずはデートを重ねて思い出をつくって、ていねいに好きな気持ちを伝えつづけていくことを心がけましょう。

嫌われる可能性のあることはできない

人に嫌われたくないのは、誰でも同じ。それが、自分の好きな人ならなおのことそうでしょう。

同時に「どんなことをしたら嫌われるのか?」、気になっているのではないでしょうか。

付き合ったのに触れてくれない彼氏は、まさにその状態。気安く触れたり手をつないだりして、どう思われるのかが不安なのです。

もし、それが「嫌われる可能性のある行動」なら、可能性ごと封じてしまおうという気持ちになっています。

逆に言えば、あなたの嫌がることは、なんであろうとしたくない、優しい気持ちをもっているということ。

「付き合っているのに信頼されてない」とか、ネガティブに考えないであげてください。

まだ早いと考えている

まだ早いと考えている

女性のカラダに触れるということを、単に付き合ったからといって許可されているわけではないと考える男性もいます。

彼氏といえども、そのポジションにいると言うだけ、カラダに触れるのはもっと信頼関係を築いてから!というわけです。

もしそういうことであれば、まずは心の触れあいを増やしていくのが◎

好きなことや嫌いなことをたくさん理解しあいましょう。

彼自身、あなたのことを自分のことのように大切に感じはじめたときに、きっと触れてくれるようになるはずです。

特別な瞬間に初めて触れたい

本当に好きで、本当に特別な存在。だからこそ、手に触れたり、つないだり、肩を抱いたり。

初めてそうするのは、ふたりにとって特別な瞬間に……。そう考えている、ロマンチストな男性もいます。

付き合ったからといって、気安くベタベタ触れるよりも、キレイな景色をふたりで眺めたときにそっとと思っていたり、抱きしめるのは初キスをしたときと考えていたり。

彼なりに憧れのシチュエーションがあるのかもしれません。

触れたくなるのを待ってみよう

お互いすでに気持ちを確かめ合ったのだから、えんりょなく触れてほしい……。

そう思うかもしれませんが、触れてくれないからといって、彼の好意を疑わなくても大丈夫。

たいていは緊張しているか、触れていいものなのか戸惑っているだけです。逆を言えば、1ミリでさえ嫌われたくない、傷つけたくないと思われているサイン。

ここは、どっしりと構えて、彼が触れたくなるのを待ってみてはいかがでしょう。

(橘 遥祐/ライター)

(愛カツ編集部)