友達同士の関係でも、ある瞬間に恋愛感情がめばえることもあります。

友達だったのに、男性が思わず「独占したくなった瞬間」とは、どんなときなのでしょうか。

今回は、“女友達”に夢中になった男性の体験談を聞きながら、恋人へステップアップするにはどうすればよいのかを探っていきたいと思います。

告白へのカウントダウン?男性が女友達を「独占したい」と思った瞬間

ちょっとスネたとき

「会社の飲み会で気になっていた同僚をからかっていた。
そのときにその子がちょっとだけスネたのがかわいくて、すぐ夢中になりました」(28歳/IT系企業)

女性が少しスネる姿は可愛いもの。

ただ、あまりにもスネてしまうと「面倒くさい女」という印象を与えてしまうこともあるので注意しましょう。あくまでも冗談さを前面に押し出し、少しだけスネてみるのがおすすめです。

「そんなこと言わないで」「もう」など、かわいらしさを含んだセリフで男心をくすぐってみては?

抱きしめたくなるような笑顔を見たとき

「何人かと遊んでいるときに、気になっていた女の子が目の前で満面の笑顔をみせた瞬間、思わず抱きしめたくなったことがあります。
これは『ちょっと気になってる』じゃなくて、『好き』なんだと確信しました」(30歳/アパレル企業)

女性の笑顔は男性の視線を集める最強のアイテム。

今までは「なんとなく気になる存在」だったのが、その笑顔に心を奪われる男性も多いようです。

ポイントは、男性たちがいつどの瞬間にあなたの表情を見ているかわからないこと。

ムスッとした表情を封印し、常に笑顔を意識して過ごしましょう。

特に気になる男性との距離が近づいたときには、満面の笑顔を作ってみてくださいね。

サプライズをしてくれたとき

「付き合いの長い女友達に、サプライズで誕生日プレゼントをもらった。気がついたら抱きしめていました。
今までは友達でしたけど、サプライズの演出で恋愛感情が爆発したんだと思います」(29歳/IT系企業)

プレゼントをされるのはとても嬉しいもの。

さらにサプライズという特別な雰囲気がマッチすることで、気になっていた女性への想いが一気にあふれだします。

誕生日などに合わせ、ちょっとした雑貨やお菓子をサプライズでプレゼントすれば、恋愛モードがより高まること間違いなしです。

なかなか恋に進展しないのなら、試す価値アリの作戦です。

友達から恋人関係へとステップアップしてみよう!

思いもよらない瞬間に、今まで進展してこなかった恋愛が一気に進展することがあるのです。

ふいに見せる可愛い笑顔やスネた言葉、プレゼントなど男心をくすぐる振る舞いで友達から恋人に。

ちょっとした言葉がきっかけで、男性から「離したくない」と思われる存在になれるかもしれませんよ。

(愛カツ編集部)