彼を目の前にして面と向かっての告白は、やっぱり怖いと感じてしまいますよね。

でも、「自然と距離を縮めていくうちに、恋人関係に……!」という展開に繋がるのは、なかなか難しいものです。

自分から告白できない場合、彼に好きを感じとってもらえる気の引き方や方法はあるのでしょうか?

自分から告白できない女性が知っておきたい!「好き」の匂わせ行動とは

それとなく「好き」を匂わせる

彼に好意を伝える方法は、直接的に告白する以外にも多数あります。

そのひとつは、それとなく「アナタは特別な存在」「実は好きなんです」と感じさせることで、彼の心を揺らす方法です。

たとえば、「私、本当に興味ある人としかLINE交換しないの」と言って彼とID交換するとか。その後は、彼の出方を見ながらLINEのやり取りを楽しみましょう。

あるいは、「このお店はお気に入りだから、特別な人にしか紹介しないんです」と言って、彼を食事に誘ってみるとか。

もちろん、ここまで挙げた例は「え、それって好きって意味?」と、彼に気づいてもらうのが目的なので、結論を急がないことが重要です。

彼がその後どう動くかで、自分のことをどんな風に思っているかがわかるでしょう。

面と向かって告白するだけが告白ではない

自分から告白することを避けたい理由の一つ、彼の顔を見て「好き」と言うのが、恥ずかしいからですよね。

そしてなにより、「好き」と告白して断られたときを考えてしまうと、怖くなってしまうのではないでしょうか。

傷つかない方法があれば、「好き」と言う勇気が湧いてくる……。そしてこのまま、「自分の気持ちに気づかれないままでいい」と、思っている方は少ないはずです。

振られるのが怖くて告白できないと感じているのなら、彼にお断りされないシチュエーションを自分で作ればいいんです。

彼の行動から分かる「脈アリorナシ」サインとは

好きという気持ちを間接的に匂わせた後で、彼がどういう行動を取るのかをよく観察してみてください。

積極的にコンタクトを取ろうとする。毎日LINEしてくる。二人きりで会いたがる……これは少なからず彼があなたに好意があるという可能性が高いです。

いっぽう、LINEのトークが続かない。向こうからの連絡が少ない。

既読スルーが続く。一対一で話すのを避けたがる。食事やお茶に誘っても断ってくる……

こういった態度を見せるようなら、残念ながら脈ナシのサインだと言えるでしょう。

鈍感な彼は気づかない?

たとえば、「なんとなく好意を伝えても、男性は鈍感だから気づいていないだけかも」「好きを匂わせてアプローチしたことがあるけれど、彼にスルーされた」

もし、そんな風に考えていたり、感じたことがあるとしたら注意が必要かもしれません。

「好き」の匂わせ行為を二度三度繰り返しても、「好かれている」と気づかない男性は、なかなかいないのが現実です。

好意を寄せていることが伝わる言動や行動に、彼が本当に気づいていない場合は、彼氏候補として見ていいのかを、まず考え直したほうがいいでしょう。

鈍感すぎる男性と、お付き合いを長く続けていくのは難しく、疲れてしまうので……。

多くの場合男性は自分が好かれていると気づいても、「気持ちに応えられない」「恋愛対象に見られない」と、判断したら気づかないふりをします。

草食系を装ったり、見て見ぬふりをしたりしてスルーしてしまうのです。

何を言っても彼の反応がイマイチの場合、それこそが彼の返事と受け取りましょう。

好意を知られてもいいぐらいの気持ちが大切

片思い状態では、自分の気持ちを相手に知られないようにがんばってしまう人が多いですよね。

でも、相手に好意を寄せているという「恋心」を、知ってもらわないと恋はスタートしないのです。

彼に振られることを考えてしまうと確かに怖いですが、相手が自分をどう思っているかわからないまま、何ヵ月もただ黙って過ごすのはもったいありません。

実らない恋にすがるより、本当に自分が幸せになれる相手を探すことのほうが大切です。

好きという気持ちを、知られてもいいと思ってください。むしろ、彼に知ってもらうつもりで行動する方が、後悔も少なく過ごせると思いますよ。

(沙木貴咲/ライター)

(愛カツ編集部)