仕事が忙しくて余裕がないときでも、彼女に会った嬉しさや楽しさがあれば、「時間を作って良かった」と感じる男性は多いものです。

彼女のために何かしてあげたい、忙しくても会った時間がプラスになるのなら、男性はよほどのことがない限り彼女を後回しにしたりしません。

そこで、忙しくても求めたくなる「会う時間を作りたくなる彼女」の特徴をご紹介します。彼との関係をまた一歩深めたい方はぜひ、参考にしてみてくださいね。

忙しくても求めたくなる!「会う時間を作りたくなる」彼女とは?

彼の話や気持ちに必ず耳を傾ける

気づくと自分の気持ちを押し付けたり、自分の話ばかりになってしまったりといった心当たりはありませんか?

彼の気持ちを聞かず、自分の話ばかりになっている彼女というのは、彼からすると結構疲れてしまうものです。

二人で何かするときは、必ず彼の気持ちも聞いてあげましょう。

「だって、聞いても答えてくれないから」という人もいらっしゃるかもしれませんが、正しい聞き方をしなければ彼も答えづらくて黙ってしまうことになりかねません。

聞き方や聞く姿勢は、相手を想えば常に心がけておきたいことです。

言葉遣いが荒かったり語気が強いと、争いごとを避けたい男性は黙ってしまう人が多いですから。

普段から相手の気持ちに耳を傾ける姿勢を持っていれば、意外とケンカも少なくなったりします。

わがまま三昧ではなく、ちゃんと彼の意見も尊重できる彼女なら、彼だって「会うのが面倒くさい……」と感じないはずですよね。

お礼のプチギフトを後日渡す

デートで彼に奢ってもらうこともあるでしょう。その時、大抵は「ごちそうさま」とお礼を言うし、LINEでも「今日は楽しかった!ごちそうさまです。ありがとうね」など送るでしょう。

けど、忙しくても会いたいと思ってもらえたり、忙しい中でも時間を作ってもらえたりする彼女は、言葉だけではなく感謝の気持ちを形でお返しができる子。

ランチやカフェでコーヒーを一杯を奢ったり、彼が興味を持っているものを聞き出してプレゼントしたり。

彼女からの見返りを求めていない彼でも、後日ちょっとした形でお礼をされると奢ってよかったと思うし、「時間を作って会ってよかった」と思われるものですよね。

居心地の良さを感じさせる女性

彼に居心地の良さを感じさせるのが上手な女性も、彼が会いたくなる彼女です。

では、「居心地の良さを感じさせるって具体的にどうすればいい?」ということですが、もちろん人によって求める居心地の良さは違います。

彼的に“癒やされる”と感じることは何か、を知っているのならできる範囲でしてあげましょう。

交際したばかりでよく分からないというのなら、家にいる時にちょっとマッサージをしてあげるのもいいかもしれません。

本格的に全身マッサージじゃなくても部分的に、例えば手とか目の周りとかでも彼としてはうれしいもの。

マッサージの技術よりも、マッサージをしようと思った気遣いやその優しい気持ちに癒されるのではないでしょうか。

彼の立場や味方になれる彼女に時間を割きたいもの

正直、日頃から愚痴が多かったり、ワガママが日常的になっていたりするなど、彼の“敵”になったらあなたへエネルギーは注いでもらえません。

忙しくても会いたい彼女でいたいのなら、「彼の味方でいる」。そんな気持ちをいつも心がけてみると、あなた自身も優しい気持ちになれるはず。

忙しくても求めたくなる彼女になる努力も楽しんで、彼と会える時間をお互いの癒しの時間にしてくださいね!

(美佳/ライター)

(愛カツ編集部)