日本女性の清らかさや美しさをあらわす言葉、「大和撫子」(やまとなでしこ)。

大和撫子の理想像として、一昔前は「夫を支えて家を守る」と語られることも多かったものですが、時代は変わり、女性の活躍の場も広がっているもの。

今では男性に負けず劣らず、むしろ男性よりも強く現代を生きている女性も多くいらっしゃいます。

では、そんなイマドキ日本人女性の良さってどんなところなのでしょう?

男性が惹かれる現代の大和撫子の魅力をご紹介します。

「現代の大和撫子」の魅力!男性が思わず惹かれる女性の特徴

どの国も共通?「民族衣装が似合う」

お隣・韓国のチマチョゴリ、中国のチャイナドレスなど、世界の国々には民族いしょうがあります。

そして、日本の民族衣装と言えば浴衣や着物などの「和服」。

日本女性の魅力の一つは、何といってもこの和服が似合うこと、ではないでしょうか。

和服の清廉な着こなしに映えるのは、やっぱり白い肌に黒髪。日本人女性ならではのおしとやかな雰囲気は、そんな和服からも生まれているのかもしれません。

この季節には浴衣を着て、あなたの「日本人ならでは」の美しさをアピールしてみては?

意中の彼も「日本に生まれてよかった」なんて思うかもしれませんよ!

芯の強さが大事!「自分の意思を持っている」

「なんでもいいよ~」

……このセリフ、つい言ってしまってはいませんか?

たとえばデートのとき、彼に「なに食べたい?」と聞かれたときなど、いつも「なんでもいい」と答えていると、「自分がない人なんだな」と思われてしまうかも。

毎回何を食べに行くかを決めるのは彼も面倒でしょうし、何より、「自分がない」と思われてしまうと、2人にとってだ地名決断をするときに彼の意見だけで決めてしまうことがあるかもしれません。

そこで意見しても「え?だっていつも『なんでもいい』って言うじゃん。」と言われたら……あなたの中にもモヤモヤが生まれてしまうでしょう。

でも、そのモヤモヤの原因は、あなた自身にもあるのです。

不要なトラブルを避けるためにも、彼との心の距離をより近くしていくためにも、言葉を選びながら、自分の意見をしっかりと伝えていけるよう、意識してみてくださいね。

何事もまずはココから!「礼儀作法ができている」

「大和撫子」と言われる女性は、やはり礼儀やマナーがしっかりしているもの。

デートの際には食事に行くことも多いかと思いますが、箸やナイフ・フォークといった食器の使い方などのテーブルマナーも最低限はこなせます。

そのほかにも、公共の場で大声で話さない、歩きスマホなんてもってのほか。

周りをしっかり気づかえることも、大和撫子の条件なのかもしれませんね。

大和撫子とは…

新しい時代の大和撫子のかたちは、すこしずつ変わっていくでしょう。

この記事を読んでくださったあなたが、凛と輝けるよう、参考になれれば幸いです。

(如月柊/ライター)

(愛カツ編集部)