あなたの身の回りに、やたらと話しかけてくる男性はいませんか。

それは、もしかしたらあなたのことが気になっているサインかもしれません。

今回は、男性が好きな人についとってしまう行動をご紹介します。

見逃さないで!男性がつい好きな人にとってしまう行動

自分語りが多い

「好きな子を前にすると、自分のことを知ってほしくてつい喋りすぎてしまいます。ふと我に返ったときには、目の前にいる好きな子が引いていたことも過去にありました。」(21歳男性/大学生)

自分のことを知ってもらいたい気持ちが大きすぎるあまり、つい話しすぎてしまうようです。

話を聞く側からすると、自分の話ばかりしてきて退屈に感じてしまうこともあるかもしれませんね。

しかし、気になる男性があなたにマシンガントークを始めたら、脈アリの可能性が高いですよ。

話し方が説教じみている

「大好きな子の前では尊敬されたくて、カッコよく自分を見せたくなってしまい、つい説教のような話し方をしてしまいます」(24歳男性/営業)

なぐさめや共感を求めて話したことに、ダメ出しや説教が返ってきたらがっかりしますよね。

しかし、男性はあなたのことを嫌っているわけではないのです。

自分を「できる男」として演出するために、つい説教くさい会話をしてしまう傾向があります。

もし説教のような話し方をされるのであれば、それはあなたを思っているサインです。

何かと世話を焼いてくる

「好きな女性にアピールするために、ちょっと困っていたらすぐ助けに行ったり、ちょっと重そうだったらカバンを持ってあげたりと尽くしましたが、その子に「おせっかいやめて!ちょっとウザい」と言われました。」(28歳男性/公務員)

好きな女性にはいいところを見せたくて、つい張り切ってしまうようです。

面倒に感じることもあるかもしれませんが、口をはさんでしまうのはあなたを気にかけているからこそ。

男性がとる行動の受け取り方次第では、恋に発展するかもしれませんよ。

好きな人にはよく思われたい

好きな女性相手には、自分をよく見せたいという気持ちが行動に現れてしまうようです。

もしどれかに当てはまる場合は、あなたのことが気になっている証拠。

そのサインを見逃さないようにすれば、すぐに新しい恋が始まるはずですよ。

(愛カツ編集部)