名前のイニシャルは、その人の人物像を表し、ひいては周囲の人からの評価を表します。

そんなイニシャル占いで、一旦離れたとしても「必ず運命の再会」をするカップルを10選、占ってみました。

自分と相手のイニシャルがあるところを探してみてください。

例 フミ:「F」、ジュン:「J」、シュウヘイ:「S」、ダイキ:「D」

男女のイニシャル別・一旦離れても…「必ず運命の再会」をするカップル10選

1:イニシャルSの男性×イニシャルEの女性

……何かとお互いを思い出す

気さくな雰囲気を持つイニシャルSの男性に、思わず話しかけてしまうのが、積極的な性格のイニシャルEの女性。

話が広がり、会話も弾みます。

この記憶は強烈で、何かの事情で離れてしまってもなぜかお互いを思い出し、再会を果たすでしょう。

2:イニシャルGの男性×イニシャルFの女性

……いつかどこかで人生がリンク

友だちも知り合いもたくさんいる、イニシャルGの男性。

イニシャルGの男性はFの女性の行動的なところに惹かれ、Fの女性も明るい彼に惹かれ、仲良くなります。

人脈があり、行動範囲も広いふたりなので、いつかどこかで人生がリンクする運命でしょう。

3:イニシャルEの男性×イニシャルEの女性

……「あ、また会った!」

好奇心旺盛なところが似ている、イニシャルEの男性とイニシャルEの女性。

いろいろなところに首を突っ込むので「あ、また会った!」ということばかり。

会ったら会ったで会話が弾みます。

会わない期間があっても、また再会の運命が来るのです。

4:イニシャルKの男性×イニシャルRの女性

……不思議な力で再会

ややおっとりした空気感を持つ、波長が似ているふたり。

別れることがあっても「きっと、また会えるよね」という運命を、根拠はないけれど疑いもなく信じているところがあります。

不思議な力が、ふたりに運命の再会をさせることでしょう。

5:イニシャルDの男性×イニシャルMの女性

……「やっぱりこの相手だ」

地に足を着けてしっかり生きるふたりです。

しかも、ふたりとも気が変わらないたちで、離れたとしてもなかなか新しい恋人を作らないタイプ。

そして、ほとぼりが冷めたころ「やっぱりこの相手だ」と運命の再会を果たすのです。

6:イニシャルがNの男性×イニシャルがEの女性

……忘れようにも忘れられない

好きになることは違うけれど、かなり個性的な趣味嗜好を持つところが似ている、イニシャルがNの男性とEの女性。

あまりに強烈な印象のため、忘れようにも忘れられないのが正直なところ。

つい思い出しているうちに、運命の再会となるでしょう。

7:イニシャルがNの男性×イニシャルがTの男性

……気持ちが呼び合う

Nの男性は軽い性格なのですが、Tの女性のマジメさと誠実さにノックアウト。

Tの女性も、軽い男は好みじゃないはずなのにNの男性は特別で、心が揺さぶられます。

物理的に遠く離れてしまうとしても、気持ちが呼び合い、運命の再会をするふたりです。

8:イニシャルがZの男性×イニシャルがJの女性

8:イニシャルがZの男性×イニシャルがJの女性

……一緒の道を歩む運命

無口で静かなZの男性と、気が強いイニシャルがJの女性。

まったく気が合わなそうですが、一緒の道を歩む運命があります。

出会うのにも時間がかかるし、離れてからの再会にも時間がかかるはず。

でも、いつのまにか引き寄せられるふたりです。

9:イニシャルKの男性とイニシャルRの女性

……日常的な行動パターンが似ている

スーパーに行くなら〇〇、スポーツジムなら△△など、日常的な行動パターンが似ているイニシャルKの男性とイニシャルRの女性。

しょっちゅう出くわすのもあり、別れて離れたとしても、必ず再会してしまう運命を持っているでしょう。

10:イニシャルRの男性とイニシャルKの女性

……相手を求めて探し回る

性格が似ているふたりですが、とくにロマンティックなところが似ています。

別れたとしても、この相手とのまったりとした甘い付き合いは、忘れることができません。

自ら相手を求めて探し回り、積極的に運命の再会をしてしまうでしょう。

さいごに

愛し合う運命にあるふたりは、別れても、離れても、結局運命に引き寄せられてしまうのです。

名前は運命の道しるべ。

占いを上手に使って、運命の人を見つけてみてください。

(芦田イングリット/占い師)

(愛カツ編集部)