男性にとって、彼女という存在に「癒し」や「安らぎ」を求めるといった方は多くいます。

会えば元気を貰える、仕事で失敗して嫌なことがあっても忘れさせてくれる、そんな彼女は彼にとって欠かすことができない存在になっていくのでしょう。

そこで今回は、彼を癒す彼女になる「疲れも吹き飛ぶ」女性になるコツをご紹介します。

彼を癒す彼女になるためには?「疲れも吹き飛ぶ」彼女になるコツ

短いデートも喜んでくれる彼女

仕事で忙しいときでも、「ちょっとだけ彼女の顔が見たいな」といった気持ちになることもあります。

でも、ちゃんとしたデートをする時間が作れなかったり、きちんと向き合うパワーはないので、仕方なく諦めてしまったりもするもの。

「ちょっとした時間でも大丈夫!」そう、気軽に言ってくれる彼女ならどうでしょうか。

軽い食事でも、素直に喜んで付き合ってくれるような彼女だったら、大きな愛情を感じることでしょう。

例えば、彼氏が忙しいときには、夜のデートではなく軽いランチデートを提案してください。

健気で可愛らしい様子にキュンとなったりするはずですよ。

電話やLINEのタイミングから優しさを感じる

仕事で煮詰まってしまっているときや激務から解放された瞬間、ちょっと癒されたい気分のとき。

そういった絶妙なタイミングでLINEを送ってきてくれる彼女は、男性にとってもあり難い存在であるはずです。

一つ注意したいのは、心配や労いのLINEというのは、無闇に送りすぎると、それがプレッシャーや邪魔になることもあります。

相手の状況をしっかりと見極めて、仕事が終わったであろう頃に“お疲れ様LINE”を送ってあげたら、疲れだって一気に吹き飛ぶことでしょう。

お互いの時間を大事にする

彼氏が責任ある仕事を任されている時期や、肉体的にも精神的にも大変な状態にあるときには、あえて放置をするのも愛情のひとつ。

その期間は、あなたはあなたの時間を楽しめるように、彼が時間の余裕が出る時まで待ちましょう。

男性は色んなことを同時にこなすことができない人が多いので、仕事に集中したいときはそれ以外には目を向けられなくなるもの。

そこにちゃんと理解を示して、仕事一本に専念させてあげられたら、ふとしたときにあなたの存在のあり難さに彼氏も気づくはずです。

ただ、完全に放置しすぎるのは誤解を生む可能性もあるので、適度にLINEだけは送るようにすることは忘れないでくださいね。

「私に手伝えることがあれば言ってね」というスタンス

彼氏が仕事で大変そうなときには、色々と手伝ったりフォローをしてあげたいという思いにもなるでしょう。

でも、彼氏自身から「手を貸してほしい」とお願いされるまでは、余計なお世話は控えた方が無難です。

「私に手伝えることがあったら言ってね」というスタンスでいてあげることが、男性にはとても心強く感じられるもの。

先回りして動くのは悪いことではないですが、忙しいときにはそれが邪魔になる場合もあるので、自分の思い込みだけで行動をしてはいけませんよ。

彼の支えになる彼女になるべく努める

疲れを吹き飛ばしてくれる彼女がいてくれたら、仕事をしていくうえでも大きな支えになるものです。

彼のタイミングを待つ側でいる間は、あなた自身もやきもきしてしまうときもあるでしょう。

でも、「彼女に会うと疲れが吹き飛ぶんだよね」そんな風に言ってもらえる彼女になる努力も素敵な時間です。

そして、そんな彼女のことは、いつまでもずっとそばにいてほしいと素直に感じるものですよ。

(山田周平/ライター)

(愛カツ編集部)