恋愛を上手に進めるには男性心を知ることが近道です。

しかし、女性目線だと分かりにくいところも多く、少し戸惑ってしまいますよね。

そこで本記事では男性が内心キュンとしているモテ仕草を4つ紹介します。

男性ウケの良いアプローチをする参考にしてみてくださいね。

男性が心の底でキュンとしている「モテ仕草」とは?

純粋な笑顔を浮かべる

自然なボディタッチ

「がつがつボディタッチしてくる女性は苦手ですけど、偶然触れるとドキってします。あれって狙ってやってるのかな……?」(20代/公務員)

ちょっと触れただけでも、男性は内心気付いていることが多いようです。

「掘りごたつ式の居酒屋で偶然足が当たる」などはテッパンのシチュエーション。違和感のない流れでそっとボディタッチしてみましょう。

また、男性は「自分だけ」という特別感にもドキドキしやすい傾向があります。

彼以外の男性へは触れないように意識して、彼と接する時だけ自然なボディタッチを入れるとベストです。

美味しそうに食べる

男性がキュンとした仕草とは?

「僕は食べ歩きとか好きなタイプだから、一緒に食事を楽しんでくれる子がいいな。美味しそうに食べてるとこっちまでワクワクします」(30代/不動産)

幸せそうな表情で食事する女性の姿に思わず「かわいい!」と感じる男性はけっこういるみたい。

お店選びをした男性は「連れてきてよかった」「また美味しいところに誘いたい」と、嬉しくなるようですよ。

反対に好き嫌いが多かったり食べ残しをすると、男性からの評判がよくありません。

無理にたくさん食べる必要はないので、美味しく食べきれる量を注文しましょう。そして、「美味しいね」「これ好き」「幸せ」などの言葉で幸福感を表現することがポイントです。

もし彼が好物のお店を予約してくれたときには、「ありがとう、嬉しい!」と感謝を伝えながら美味しそうに食べましょう。

別れ際にかわいく「バイバイ」

「帰るのが寂しいと思っていたら、かわいい笑顔で『バイバイ』って言われて……もっと名残惜しくなりました。また会いたいな」(20代/IT)

別れ際は印象に残りやすいため、男性をキュンとさせる絶好のチャンスです。あっさり帰るより、笑顔でかわいく「また会おうね、バイバイ!」と言った方が効果的です。

もし、彼との関係性が進んで相思相愛ならば、「本当はもっと一緒にいたいけど、今日は帰るね?」と寂しさを匂わせてからお別れするのもアリです。

男性の恋愛感情が高まる前に追いかけすぎるとマンネリしやすいため、程よい距離感で印象付けましょう。

プラスな気持ちを共有しよう

モテ仕草には何かしらの「好意」を感じられるものが多いです。

やはり前向きな気持ちで接してくれる異性がいると、恋愛のきっかけになりやすいみたい。

難しい駆け引きは必要はありません。まずはストレートに「楽しい」「幸せ」という感情を共有することが重要です。

ぜひ今回ご紹介した項目を実際のデートに取り入れて、彼の心をキュンとさせましょう。

(岡あい/ライター)

(愛カツ編集部)