奥手な男性のアプローチはちょっと遠まわし。

女性目線ではなかなか気づけず、スルーしていることも少なくないようです。

本記事では奥手男性の「分かりにくい本気サイン」をご紹介。あなたの周囲にも脈アリな奥手男性がいるかもしれませんよ。

ぜひ、「いい感じの彼」の脈を探る参考にしてみてください。

スルーしてない?奥手男性の分かりにくい本気サイン

対面よりメール・LINEの方がおしゃべり

「顔を合わせなくていいと気楽なので、絵文字とかつけちゃったりします。本当は話すのも上手になりたいんですけどね…。」(20代/公務員)

奥手な男性の多くは、シャイすぎて対面で話せなくなるみたいです。その代わり、メール・LINEは余裕が生まれてテンションが高くなる傾向があります。

女性からしてみると「別人みたい」と驚くこともあるかもしれません。

しかし、こちらの男性のように「本当はもっと会話したい」と思っているからこそ、連絡してくれるのかもしれませんよ。

女性側の反応が好意的だと、男性も自信をつけてもっとアプローチしてくれるでしょう。

見かけたら必ず話しかける

「少しでも覚えてほしくて、見つけたら絶対に話しかけるようにしてます。ちょっと違和感があるかもしれないけど……」(30代/エンジニア)

デートに誘う勇気がない奥手男性であっても、接触だけは保ちたくて声をかけるようです。また、女性の反応をうかがいつつ距離を縮めていることもあります。

彼から何度も声をかけてくれるなら、きっと何かしらの好意を抱いているはず。

ある程度打ち解けたら女性から食事などに誘うと、きっかけがつかめて男性も大助かりですよ。

また、彼が勇気を出して話しかけてくれたときには、笑顔や肯定的な態度で迎え入れましょう。

無理に共通点を見つけようとする

「とにかく仲良くなりたいから、共通点を見つけるまで質問攻めしちゃいます。同じ趣味とかがあればデートにも誘いやすいですしね」(20代/医療)

こちらの男性のように、「会話を盛り上げたい」という一心で無理にでも共通点を探すことも少なくありません。

また、共通点を見つけたら心から喜び、話をどんどん深堀するでしょう。

奥手男性が会話しやすくなるために、彼の趣味・関心に共感することもポイント。口下手な男性であっても自分が好きなことであればスラスラと話せます。

デートなどに行きたい場合は、分かりやすく「〇〇に行ってみたい」「あの映画きになるんだよね」と伝える方法もおすすめ。男性からすると、どう誘えば喜んでくれるか分かって気楽です。

「次」の約束を取り付ける

「話しかけた後も僕のこと覚えていてほしいから、必ず『またね』と伝えています。
今すぐデートに誘う勇気はないけど、何度も話しかけて頑張るつもりです」(20代/金融)

「またね」「次も会おうね」と声をかけることで、女性の気を引こうとしているみたい。また、今後も関わり続けたい意思表示でもあります。

もしデート中に次の誘いをしてくれたのなら、きっと二人の関係性を進展させたいサイン。あなたへの愛情があるからこそ、勇気を出して誘ってくれています。

女性側が喜んでくれると、奥手男性は自身が湧くみたいですよ。そのため、笑顔で「うん、また話そうね」「楽しみにしてるね」と答えましょう。

奥手男性の心理を見抜こう!

奥手男性は相手の様子を注意深く観察するあまり、つい遠まわしなアプローチが増えてしまいがち。

しかし、分かりにくいからといって必ずしも「愛情がない」わけではありません。

そのため、シャイや口下手な男性と接するときには、当てはまる言動がないかチェックしてみましょう。

「話しかける」「デートに誘う」などは最も分かりやすい脈アリの言動。

彼がアクションを起こしてくれたときには、女性からも嬉しい気持ちを表現して受け入れましょう。

(岡あい/ライター)

(愛カツ編集部)