花や植物を育てるガーデニングを趣味にしている女性も少なくないのでは?

実は、花や植物を愛でる女性は、多くの男性から好意的に受け入れてもらえます。

今回は、「花や植物が好きな女性が男性にモテる理由」について紹介します。

男性に本命視されやすい?ガーデニング好きな女性がモテる理由とは

1.家庭的にみられる

ガーデニングは種や苗を撒いてほったらかし……というわけにはいきません。

小まめに水やりや害虫の駆除、肥料の調整などお世話に必要です。

ガーデニングを日常的におこなっている女性は、これらの世話を苦にせず、かいがいしく大切に育てている印象をもってもらえます。

結婚して子どもが生まれても、同じように大切に育ててくれるというイメージをもたれます。

反対に、花や植物をすぐに枯らす女性はズボラで面倒臭がりのイメージを持たれてしまうことに……。

どうしても、植物や花をすぐに枯らしてしまう女性は、初めからフェイクグリーンを飾るなどして、マイナスイメージを持たれないように注意しましょう。

2.気遣い上手にみられる

花や植物を枯らさないように、手間を惜しまずきちんと管理ができる女性は、気遣い上手の印象を持ってもらえます。

なぜなら、気遣いのできる人は相手の様子をよく観察し、適切な会話や対応ができるなど、植物を育てる上での共通点を持っているからです。

また、花や植物を大切にしているということは物も丁寧に扱い大切にしているイメージにも繋がります。

自分のことも同じように大切にしてくれると思われるのです。

3.清楚にみられる

3.清楚にみられる

ガーデニングが好きな女性は心も清楚・綺麗といったイメージを持たれます。

確かに、趣味が、映画鑑賞、登山、飲み歩きなどに比べると、ガーデニングは非常に女性らしい印象を受けますね。

また、植木や花、盆栽などをたしなむ親世代や祖父母とも話が合いそうと、家族にもすんなりと受け入れられる傾向にあります。

「ガーデニングが趣味の彼女」と言えば、親や友人に紹介するにもウケが良さそうです。

ガーデニング好きな女性はモテるけど…

ガーデニングが好きな女性は男性からの評価も高くモテやすい傾向がありますが、同時に注意点もあります。

それは、家庭的で清楚、気遣いができるという印象を持たれるがゆえに、「母親のように世話をしてほしい!」と思っている男性を引き寄せる可能性が高いところです。

そんな男性にはくれぐれも注意し、間違えてもお世話係にならないように気を付けましょう。

(大木アンヌ/ライター)

(愛カツ編集部)