気になる彼には好かれたい……これは、片想い中の全女子が思っているはず!

でも、実は「好かれたい」と思ってする「アレやコレ」が逆効果になってしまっている場合も。

そこで今回は、気になる彼に好かれたいならやってはいけない「アレやコレ」をご紹介します。

また、かわりにやると効果的な行動もお教えしますので、ぜひ参考にしてみてくださいね。

実は逆効果…気になる彼にやってはいけないことって?

相手の好みに合わせすぎ

好きな相手の好みに合わせたい……これは自然な感情です。

そんな感情から、髪形や服装を彼好みに合わせがちな女子って多いんです。

でも、そんなふうに思ったときこそ、「彼好み」を優先せず、自分が満足できるスタイルを貫くよう意識してほしいのです。

自分が満足できれば、テンションも上がりますし、自分に自信が持てます。

自分の思っていることにも素直になれるうえ、自分なりの価値観を伝えられるので、無理なくコミュニケーションができるはず。

相手の好みに合わせるより、こうした自分なりの「可愛い」を貫いているのほうが、魅力的に見えるものですよ。

無難なプレゼントを選びがち

お土産やプレゼントを選ぶときには「なになら喜んでくれるかな……」と、必死に考えてしまうもの。

でも、彼の好みを想像した無難なものでは、あなたの存在を特別には思ってもらいにくいです。

ですんどえ、ここはあえて「自分のセンス」で選んでみましょう。

自分の「可愛いと思ったから」「彼に似合いそうだったから」で選べば、あなたの存在感をより強く彼に伝えることができます。

もちろん、相手に喜んでもらいたいという気持ちが大前提。

自分の欲しいものという意味ではなく、「自分が」彼にあげたいものを選ぶことが大切です。

LINEを重視しすぎる

好きな人や、気になる男子からのLINE。

通知がなったら、1秒でも早く返信したり、なるべく頻繁にメッセージのやりとりをしたり……これは片想い中の女子がやりがちな行動。

……ですが、これも実は逆効果なんです。

そのかわり会ったときには、たくさんおしゃべりしましょう。

実際に会って話す情報量には、視線やリアクション、声音など、言葉以上のものがあります。

なので、LINEでたくさん会話をするよりも、自然に親しくなれるのです。

もちろん、LINEで駆け引きをするという意味ではありません。

「今日は楽しかったよ! ありがとう!」など、ここぞというときに、効果的なLINEを送り、あとはサラッとしたやり取りを。

LINEでは、「仲よくしようとしすぎない」のがポイントなのです。

「会ったときはあんなに楽しそうにしてたのに、あんまりLINEが来ないのはなんで?」「あの子なにしてるのかな?」と思わせられる女子こそ、意中の彼のハートをつかみます。

取りつくろった趣味

自分をアピールするうえでは、趣味も大切なポイントです。

それだけに、女子力の高そうな趣味や、ちょっと意識の高い趣味を取りつくろう女子も多いもの。

でも実は、一見すると「オッサンくさいかも?」「男勝り?」と思える趣味だとしても、隠さず好きをアピールするのが◎

たとえば、釣りや将棋や野球、ドライブやひとり旅などでもOKなんです。

逆に、「女の子で珍しいね!」と言われるような趣味のほうが、興味を持ってもらえたり、見た目からは想像できないギャップで、魅力的に見えたりするものです。

なにより、素直な「好き」を伝えられる子は、ポジティブな印象を持たれやすいです。

素直なあなたが魅力的

周りの価値観に自分を寄せてしまうのは、国民性も影響しているかもしれません。

でも、意外と人の価値観は多種多様で、どこが魅力的に感じてもらえるかはわからないもの。

どうせなら、自分の気持ちに素直に忠実に。

これを活かして、両想いを目指してみませんか?

(橘 遥祐/ライター)

(愛カツ編集部)