男性とLINE交換しても長く続かなかったり、既読スルーされることが多い場合、「私に原因があるの?」と不安になる女性もいるのではないでしょうか?

確かに、男性がLINEの頻度を下げたり、つい既読スルーしてしまう女性に対しては、「なんか、合わないかも……。」と感じていることが少なくないようです。

では、どんなLINEが来た時に「合わない」と感じるのか、男性の声を聞いてみました。

「なんか、この子とは合わないな」と感じた女性のLINEパターン

いちいち反論される

「LINEの回数自体はたくさん来ていたんですが、全てにおいて反論してくるので、合わないと感じたし、俺のこと嫌いなのかなって思って返信しなくなりました」(製造/27歳)

男性は、プライドが高い人が多いですから、いちいち反論されるという状況には、密かにプライドが傷ついていることも多いようです。

また、反対意見ばかり返ってくることで、「自分と話していても楽しくないのでは?」と考えて、男性自ら返信しなくなるといったこともあるでしょう。

コメントの男性も言うように、反論ばかりされて「嫌われている」と感じることもあるのです。

あなた自身、つい反論ばかり返してしまう男性がいるなら、本当に彼と合うのかどうかを考えてみるのも良いでしょう。

たまたま反論しか出てこない話題だったのであれば、他の話題に切り替えることで、お互いもっと楽しいLINEのやり取りが出来るかもしれません。

質問に答えてくれない

「何気ない質問をしても、スタンプで返されたり、質問に質問で返されたり(苦笑)。答えたくないならそう言えばいいのに、逆に返信に困りました。会話が成り立たなくて」(メーカー/32歳)

質問に答えてくれないということで、すねているということもありますが、年齢を重ねるほど、スタンプだけで返されたりすると、「話す気がないのかな?」と感じる男性は多くなるでしょう。

若い年代の場合は、スタンプだけのやり取りでも、繋がっている雰囲気が楽しいということもありますが、30代ともなると、無意味なやり取りならしたくない、と返信をやめてしまう人も多くなります。

また、質問に質問で返されるのも「イラッ」とする男性が多いようです。

質問のLINEが来たら、何らかの答えを返すか、答えたくなければ「ヒミツ」と言っても良いでしょう。

「LINEだと長くなるから、機会があったら話すね」などと返すのもおすすめです。

自分の話ばかりする

相性の不一致を感じるLINEは?

「自分だけ一方的に長文を送って来るのに、こちらの話はほぼ一言で終わらせたり、スルーしたり。これじゃ合わないと感じてもしょうがない」(自動車販売/24歳)

自分の話ばかりする女性は、リアルでもLINE上でも敬遠されてしまいます。

特にLINEの場合、長文は読むのが大変で疲れてしまいますし、その長文に対する返事を考えたり打ったりするのは苦手とする男性は多いです。

その上、自分(男性)の話は適当に流すなど真剣に受け止めていないように感じたら、「合わない」と思ってしまうのは仕方がありません。

LINEといえども、「会話のキャッチボール」というマナーに気を付けて楽しみたいですよね。

おわりに

せっかく気になる男性とLINE交換が出来るようになっても、かえって「合わない」と距離を置かれてしまっては悲しいですよね。

これらの男性の声から分かるのは、やはり「相手の気持ちを考える」とか「思いやりを持つ」といった基本的なことが大切だということではないでしょうか?

男性とLINEが続かないと悩んでいる人は、こうしたことを踏まえて今までのLINEを振り返ってみると、何か気付きがあるかもしれませんね。

(かりん/ライター)

(愛カツ編集部)