男性からアプローチされて付き合うことはあっても、自分から好きになってアプローチして交際することはない……。

彼へのアプローチの仕方がわからずに、片思いをしてもあきらめてばかりの女性にとっては、「彼にどう近づけばいいか」が悩みの種ですよね。

そこで今回は、「好きな人と近づくためのコツ」をご紹介します。

見ているだけではなく、自分から少しずつ動いていけるようになりましょう。

受け身な恋はもう卒業!「好きな人と近づくコツ」4選

1.彼のことを「リサーチ」する

やみくもにグイグイアプローチをしても、両思いじゃないかぎり引かれるのがオチです。

アプローチをする前に、少し彼のことをリサーチしてみましょう。

まず、「彼女・奥さん持ちじゃないこと」は、アプローチ前に調べて確認しておきましょう。

ほかにも彼のハマっている趣味、好きなモノ嫌いなモノ、好きな女性のタイプ、嫌いなタイプなどはリサーチしておくのがおすすめ。

彼のことを全く知らずにアプローチをはじめるよりも、少し彼のことを知ってからアプローチしたほうが会話のきっかけをつかみやすいです。

また、嫌いなタイプを知っていれば、恋愛対象外になることは避けられるはずですよ。

2.彼の反応を見て、調節する

恋をしていると判断能力も落ちるし、気持ちが暴走してしまいそうになるでしょう。

でも、失敗したら挽回するのが難しくなるので、デートにもっていくまではかなり慎重に行動することがポイントです。

まずは、彼がこちらに興味を持っているか、きちんと連絡を返してくれるかなど、「彼の出方」をさぐりましょう。

LINEの返信が明らかに遅かったり、何通かに1通しか返ってこなかったり……という段階で食事に誘っても、OKをもらえる可能性は低いです。

彼があなたに近づいてくれるかどうかを見つつ、適度なレベルのアプローチを重ねていくのです。

人によって近づく速度、心を開くのにかかる時間は違うので、彼の性格を考慮しながら進め方を調節しましょう。

二人でデートできる仲になれば、相手にもそれなりに特別な感情はあるはず……あとはゆっくり進めていくのみですよ。

3.「少しずつ」接点を増やす

片思いを成就させたいのなら、まずは焦らずに「じわじわ」と近づくことがポイントです。

たとえば、彼と同じ会社だけどそんなに接点がなく、話す機会もそう多くない……という場合は、どうすればよいでしょう?

おすすめなのは、飲み会のときに近くに座る、彼のよく行くお店にふらりと行ってみる、彼の仲良くしている同僚や後輩とまず仲良くなるなど、「徐々に」近づくことです。

「挨拶だけの関係」から、「一言二言話せる仲」を目指しましょう。そうなれば、彼の方から話しかけてくれるようになるかも。

会話できる段階まで行けば、連絡先の交換もしやすくなります。

4.「特別感」を出す

男性は、「特別感」に弱いもの。

彼だけを褒めたり、頼ったりすることで、「特別感」を感じて、あなたといるのを居心地よく感じてくれます。

自尊心を満たしてくれる女性は可愛らしく感じるし、近くに置いておきたくなるもの。

彼とあるていど話せる仲になったのなら、褒めたり、彼ができる範囲で頼ったりして、「男としての自信」を持たせてあげるのが両想いをつかむコツです。

とくに、彼自身が気づいていなさそうな長所を褒めると、印象に残りやすいはず。

彼の恋心スイッチを入れることができるでしょう。

勇気を出して自分から動いてみよう

もしかしたら、少しの勇気でカップルになれるかもしれないのに、片思いで終わるなんてもったいないです!

今まで「ずっと受け身」な恋愛しかしたことがない……という女性も、勇気を出してみずからアプローチをしてみてはいかがでしょうか。

一気に近づくのではなく、「徐々に」近づくことで、彼の心をつかめるかもしれませんよ。

(美佳/ライター)

(愛カツ編集部)