「LINEの返信がそっけない」「私の話だけ聞いてくれない」……気になっている彼からこんな塩対応をされたことが、意外とある方も多いのではないでしょうか。

でも、これだけで「彼は私のことが嫌い」と落ち込むのはまだ早いのです!

今回は、女子に塩対応してしまう男性の本音を聞いてきました。もし心当たりのあることがあれば、すぐに確認しましょうね。

本当に脈なし?男子の塩対応の本音に迫る!

気にかけてほしいから

「塩対応になりがちなのは女子に気にかけてほしいからです。
たとえば、LINEのやりとりが早いと『ガッツがある』って思われちゃいそうでしょ?

そっけないのは『元気ないのかな?』と心配してほしいから。
ただ、本当に興味がないときもあるので、見極めも重要です」(27歳/SE)

LINEで塩対応する男子の心理は、「女子に気にかけてほしいから」という理由でした。

もちろん、返事が早いのは嬉しいですが、「返事が早すぎて疲れる」と思うことも。

男子の本音は実に繊細です。どうか女子のみなさん、男子を分かってあげて!

恥ずかしいから

「気になる女子ほど塩対応。これは男子あるあるです。その理由は恥ずかしいから。
変に冷やかせたり、くっつけようとさせられたりしてうまく行かなくなる。それだけは避けたいです」(26歳/営業職)

本音を聞く中で多かったのが「恥ずかしいから」という回答でした。

周りから冷やかされると「恋は失敗してしまうのでは」と不安になる男子は多いみたい。

周囲からの目がない場所で、女子からアプローチするのも手段の1つです。

周囲の反応や冷やかしがなければ、彼もあなたに優しくしてくれるかもしれませんよ。

その子のことが好きだから

「みんながいる前だとたくさん話しかけられるけれど、2人きりになったとたんに無口になる男子がいたら、その子のことがかなり好きなんだと思います。照れくさい理由もあるし、心配性でもある」(27歳/美容師)

態度はみんなの前だと普通なのに、いざ2人きりになると塩対応に!そんな男子の心は、ズバリ「女子が好きだから」なのだそう。

このパターンは彼が脈ありか、なしかを判断するひとつの材料になりそうですね。

塩対応で心を痛めている女子のみなさん、当てはまることがあるのでは……?

塩対応でも諦めないで!

調査すると、複雑な男子の心理が塩対応に絡んでいるのが分かりました。

不器用な男子だからこそ、好きな女子に対して変な態度を取ってしまいがち。

塩対応されたからといって彼との関係を諦めず、もう一度ゆっくりと見極めてみてはいかがでしょうか。

(愛カツ編集部)