いまやLINEは欠かせないツールですが、便利であると同時にトラブルもつきものです。

好きな人とのやりとりでは、返信を送るときもドキドキしてしまいますよね。

好きだからこそ、「重い」「この子とのLINEはしんどい」なんて思われたくないもの。

そこで今回は、男性が「LINEしたくない」と思う女性の特徴を紹介します。

好きな相手とよくLINEをする女性は、必ずチェックしてくださいね。

ちょっとしんどい…男性がLINEをしたくないと思う女性の特徴

夜遅い時間に送ってくる

いくら自分が夜型だとしても、深夜にLINEを送るのは非常識です。

彼の体調や予定を気づかうことのできない時間のLINEほど、迷惑なものはありません。

同時に、彼からLINEがあったとき、すぐに返信してしまうのも要注意。

場合によっては、「俺の生活リズムに合わせてくれる都合のいい女性」と誤解されてしまうこともあるでしょう。

そうならないためにも、ときには時間を空けて返信することが大切です。

その際、遅れた理由を付け加えるのを忘れないでくださいね。

用事がある日にたくさん送ってくる

相手の予定があると知ってるのにLINEを送るのは、たった1回でも危険な行為です。

こういった行為をしてしまう女性は、空気が読めないことを印象づけてしまいます。

彼に何かしらの予定があるなら、緊急時以外はあとで返信するなどの配慮が必要です。

こういうタイプは、日ごろから心のなかに不安を抱えているもの。

相手が一緒にいないとき、何をしているのか知りたいのです。

こんな女性は、男性からウザいと思われてしまう傾向にあるので、恋愛がうまくいかなくなります。

自覚症状がある場合は早めに改善してくださいね。

仕事中に送ってくる

集中したいときはスマホを切る男性もいますが、業務連絡や緊急対応のために手元に置いていることは多いです。

どんな内容のLINEでも、仕事中は仕事に集中したいと考えているので、趣味のようなLINEは好まれません。

相手の心を察することができない女性は、大変面倒くさいものです。

くれぐれも「なんで冷たいの?」などと、男性を追いこまないようにしてください。

確実に「LINEするのがしんどい女性」になってしまいますよ。

LINEは送りすぎないこと

LINEは過去の連絡ツールと違い、リアルタイムで想いを伝えられるのが特徴です。

だからこそ、マナーを考えて利用すれば「LINEするのがしんどい子」にはならないでしょう。

上手にLINEを活用してくださいね。

(コンテンツハートKIE/ライター)

(愛カツ編集部)