妙にLINEの返事が遅い男性っていますよね。

嫌われてるのか?と思いきや「返しにくくて返事を寝かせてしまうから気が重い」という、彼らの気遣いが理由であることも。

まずは「この子とのLINEは楽だ」と思ってもらえたら、恋の行方も明るくなるはずです。

「やり取りが楽だ」と男性が感じるLINEとはどのようなものを表すのでしょうか。

こう思われたら始まる!楽だと男性が感じるLINEとは

同じくペースがゆるい

「返事が遅いと『どうした?忙しかった?』とか聞いてくる子は無理です。返事が遅れることもありますよ。
反対に、丸一日放置した後のLINEに普通のテンションで返してくれる子は、変に気を使わなくていいので楽ですね」(29歳・男性)

「催促してないからいいでしょ?」と思いきや、そもそもLINEの返信がスローな男性は「どうしたの?」という言葉だけでも心を閉ざすことがあるようです。

「LINEは見たいときに見るもの」と考える男性もいます。彼らは「すぐ返事が来るのが当たり前」のような態度をとる女子に心を閉ざしがち。

さらに、このタイプの男性には「毎回、即返信すること」が「ちょっときついな」と思われがちです。ゆるさを大切に。

答えがはっきりしている

「女の子からのLINEを見て一番困るのは、『だから何』って思っちゃったときかな。べつにその子が嫌いとかじゃないんだけど。
『水曜の飲み会行く?私は行くと思う』のような、何を聞きたいのかわかるようなシンプルなLINEだと返そうと思う」(30歳・男性)

日記のようなLINEは、彼女が送ってくるからかわいいのであって、まだよく知らない女子から送られてもちょっと困る。そんな男性も多いです。

そんなに仲良くない彼とスムーズにLINEをするのなら、彼が何を返したらいいかわかりやすい文面がいいでしょう。

今回のケースのような「飲み会行く?」という言葉だけでは、質問の意図がわかりにくいですよね。

ですが「私は行くと思う」と続けることで「じゃあ、飲み会で会おうねってこと?」と先の展開が読めるようです。

スタンプや絵文字を盛り込みすぎない

「絶妙なバランスで絵文字やスタンプを入れてくれる女子からのLINEはもらうとうれしいです。でも同じように僕は返せないです。
『なにもないと無愛想とか思うんだろうな』と身構えて、そのまま忘れちゃうこともあります」(25歳・男性)

女子が入れている絵文字やスタンプから勝手に圧を感じ取る男性もいます。読みやすく好意が伝わり、かわいく見えるように。

それが女子の好意だとはわかっていても『自分は同じようにできない』と感じると、苦手意識が刺激されてしまう場合もあります。

常に男性が文字だけのLINEを返してくるときは、こちらからシンプルな文を送っても悪く思われることはないはず。

思い切ってシンプルにすると、予想外に親しみが増すかもしれませんよ。

彼がしてこないことは自分もしない精神で

「即レス」「絵文字やスタンプで飾りまくる」。これらは女子が仲良くなりたい人に送りがちなLINEです。

でも男性には「仲良くなりたい圧力」として感じる人がいるかもしれませんよ。

「LINEを頻繁にサッとしたいといわれても、仲良くなるまでは無理」と考える人も多いです。

そっけなく見えても、彼がしてこないことは自分もしないのがいいかも。これがむしろ、仲良くなれるコツかもしれませんよ?

(中野亜希/ライター)

(愛カツ編集部)