せっかく彼氏ができたのに、ついついうれしくて尽くしすぎたり、求めすぎたりして、うまくいかない……そんなお悩みをもっている人は多いはず。

大好きな彼と長続きするためには、一緒にいて落ち着く人になるということも大切です。

そこで今回は、男性が思う一緒にいて落ち着く女性の特徴について聞いてみました。 

本音が知りたい!男性が思う「一緒にいて落ち着く女性の特徴」3つ

忙しいときにそっとしておいてくれる

 

「元カノは俺の仕事の繁忙期とかお構いなしに会いたい、電話したい、何してた?とひっきりなしに連絡があって疲れちゃってたなー。でも今の彼女はほんとにそっとしといてくれて、むしろ自分からごめんねって連絡するくらい。

一緒に家にいるときも仕事の用事しているとそっとしておいてくれるので、本当にありがたいし、居心地がいいです」(29歳/ITエンジニア) 

男性は複数のことを同時にするのが苦手で、仕事に集中しているときは彼女のことを考えている余裕がない人も多いようです。

そんなときに、かまって!と連絡がくると、男性はうんざりしてしまいます。

忙しそうにしている雰囲気を察知したら、「頑張ってね」「無理しないでね」などの優しい声をかけてあげるくらいはOKですが、できるだけそっとしておくのがよいでしょう。

その思いやりのある行動が、一緒にいて落ち着くと思われることにつながるのです。 

必要以上に男らしさを求めてこない

 

「男として頼ってもらえるのはうれしいけど、必要以上に男らしさを求められると窮屈に感じます。

重い荷物は男が必ず持つものとか、支払は男性がするのが当たり前とか。
そういう押しつけをされると、自分を作りこんじゃって疲れちゃいます」(30歳/飲食店) 

女性としては男性に男らしさを求めてしまうかもしれませんが、その求め方がいきすぎていないかがポイントです。

男だから、男なのに、と彼に言ったり思ったりしたことはないでしょうか?

心当たりがある人は、知らず知らずのうちに彼にプレッシャーを与えていたのかもしれません。

男としてというよりも、ひとり人として彼のことを想い、尊重することで、一緒にいて居心地のいい存在になれるのではないでしょうか。

何もしない時間を気にしない

「今の彼女は、沈黙が続いたり、どこかに出かけない日があったりしても、そのときどきで自分でなにかやることを見つけてくれます。変に気を遣わず、落ち着きますね。気ごころ許せる関係だと思ってます」(33歳/建築関係) 

一緒にいるのに沈黙なんていや!どこかに出かけないなんて、一緒にいる意味ある?なんて思っている人は要注意。

一緒にいて落ち着くと思われるには、彼に依存しすぎず、自分で自分の時間を楽しめるかどうかもポイントのようです。

沈黙の時間が続くと、楽しくないのかな?と不安になるかもしれませんが、少しだけ我慢して、彼との静かでゆっくりとした時間を楽しんでみてはいかがでしょうか。 

適度な距離感が大事 

一緒にいて落ち着く=リラックスができる存在になるには、距離感が大事です。

彼氏だから、好きだからと彼との距離感が近すぎると、反対に彼の気持ちが離れて言ってしまう可能性もあります。

彼の様子を見ながら、そのときどきで適度な距離感を保つことが、一緒にいて落ち着く存在になるための大事なポイントだと言えるでしょう。 

(愛カツ編集部)