人を好きになる瞬間はいつ訪れるのでしょうか。

仲のよい友人や、なんとなく気になっていた人を、好きになるにはきっかけがあります。

今回は、男性が体験した、気持ちが「好き」に変わったエピソードを3つご紹介します。

男性へアピールするときの参考にしてみてくださいね。

恋に落ちる瞬間!男性の「気になる」から「好き」に変わる瞬間3つ

自分の弱い部分を見せられるようになった

「学生時代から仲のよかった女の子に、仕事の悩みをポロっと話したらすごく親身になってくれて、相談するうちに好きになってしまった。

それまでは場の雰囲気を考えて控えていたけど、彼女が聞き上手で、つい話しちゃったんです。今では付き合って心の支えになっています」(27歳/営業)

自分の弱みを見せることには、多くの人が抵抗を感じます。

しかし、安心できる特別な存在となれば話は別でしょう。

何回も会話を重ねるうちに、お互いの弱い部分を見せても大丈夫だと感じると、好きという感情につながることも。

気になる男性の相談にのる機会があれば、じっくりと話を聞いてあげましょう。

ふとしたときに相手を思い出した

「バイトでミスして落ち込んでいたとき、なぜか幼なじみの女の子の顔が浮かびました。彼女に相談したら何て言うかなと考えてしまって……。

今まで特別な感情は抱いてないと思っていたのですが、そのとき好きなのかもしれないと自覚しました」(21歳/学生)

辛いことや物悲しいときに、誰かと共有したい、話を聞いてもらいたいと思うことはありませんか。

気になる異性がいる場合は、きっと1番にその人が思い浮かぶでしょう。

相手があなたを意識していないと感じていても、ふとした瞬間に思い出してもらえると恋愛関係に発展するかもしれません。

日頃から、気になる男性を支えるような言動を心がけることで、相手の懐に入りやすくなるでしょう。

恋愛相談を受けていたら嫉妬心が芽生えた

「会社の飲み会で仲よくなった職場の後輩から、同僚への恋愛相談を持ちかけられたとき、彼女を好きかもしれないという自分の気持ちに気づいてしまいました。

以前から少し気になってはいましたが、まさか自分の同僚に恋をしているなんて……急にモヤモヤした気分になりました」(30歳/販売)

誰かへの嫉妬をきっかけに自分の恋心に気づく男性も多いようです。

特に意識していなかった相手でも、潜在的に好意があると、自分以外の人物に奪われてしまうと分かったときにイヤな気持ちを抱いてしまうのでしょう。

気になる男性がいる場合には、思いきって男性本人に恋愛相談をしてみるのも、男心をくすぐるひとつの方法かもしれません。

相手の意識に入り込む行動を心がける

男性に自分への恋心を芽生えさせるには、自覚していない感情を思い起こさせる行動がカギとなります。

日頃から男性との接点を増やすことを心がけて、少しずつ自分の魅力をアピールしてみましょう。

男性があなたを必要とするようになれば、きっと楽しい恋も目の前ですよ。

(愛カツ編集部)