付き合いが長くなると互いに遠慮が無くなるもの。

彼の自分に対する扱いが適当になり、「愛情が薄れているんじゃ」と感じることもあるかもしれません。

でも恋人の愛情はハッキリと形に見えるものではなく、普段のやり取りのなかに隠れていることも多いものです。

今回は彼との付き合い方にマンネリ化を感じたとき、少し気にかけたい男性の言葉をピックアップしてみました。

本当に好きだと思う女性にしか男性がかけない言葉3選

俺も頑張らないと

上手いくカップルほど、互いに切磋琢磨している印象はありませんか?

もし彼が仕事のことで悩んでいたら「私も頑張ろう」と思うのは、2人がいい関係を築いている証拠。

カップルは互いに同じくらいの条件で付き合うことが多いものです。

相手の考え方や生き方に刺激を受け、「もっと自分を磨きたい!」と思うのは「相手に似合った自分になりたい」という恋愛感情から来ています。

このひと言が彼から発せられたときは、本気であなたのことが好きだということ。より2人の関係を充実できるといいですよね。

あと〇分で着くから!ごめんね!

あなたに対する相手の気持ちは、デートの待ち合わせのときに表れることも。

あなたを都合のいい女としか思っていない男性は、約束の時間に遅れてもお構いなし。

待ち合わせ場所であなたが待っていても、遅れてきた罪悪感がまるでないなんてことはよくある光景です。

しかし本気であなたのことが本当に好きな男性は、どうやっても待ち合わせ場所に来るはず。

たとえ電車が遅れたとしても「走れば約束の時間に間に合う」と考え、できるだけあなたに迷惑がかからないように行動するでしょう。

でも仕事疲れでうっかり寝坊してしまった。交通状況でどうしても遅れてしまった。なんてこともまれにあります。

そんなときは、彼が「あと〇分で着くから!ごめん!お店に入ってていいよ!」とあなたを気遣う言葉を言ってくれるかも。

「好き」という言葉をあまり言わない男性も、いざというときに「あなたのために取れる行動がいくらあるか」で、彼の「本気度」を再確認できるはずですよ。

風邪大丈夫?

気持ちが本気である男性ほど、あなたのことを大切に思っています。それが表れるのが体調を崩したとき。

彼女があなたのために好物を買ってきてくれたり、身の回りの世話をしてくれたりするでしょう。

もし風邪が治っても、デートのときに「この日デートだけど、風邪大丈夫?」と心配してくれるのは、やはり「本気であなたのことが好き」だからする行動のはずです。

言葉の責任をしっかりくみ取りながら素敵な恋を

一見ありきたりな言葉ばかりですが、本当にあなたのことを大切に思っている彼は言葉ひとつに責任感が溢れているはず。

彼が発した言葉をしっかりとくみ取りながら、彼とすれ違うことのないよう互いの気持ちと向き合える素敵な恋ができるといいですね。

(愛カツ編集部)