「恋がしたい!でも……どうすればいい出会いがあるの?」と悩んだことってありませんか?

今回は、そんなお悩みを解決するべく「いい出会いを得るために、日頃から気をつけておくべきポイント」をまとめてみました。

いい出会いを得るために…日頃から気をつけておくべきポイントって?

話しかけやすいファッションを意識する

「ぶりっこと感じさせてしまうようなファッションは少し引いてしまいます。たとえば、ピンクの服に白いのベレー帽とか。『いかにも狙っている感』があるのでちょっと。ひと昔前感もありますね……。

そうは言っても、全身真っ黒とかもちょっと苦手です。ちょうどいいのがいいです」(Hさん・27歳男性/看護師)

モテファッション=ふんわり系のファッションではありません。

極端なミニスカや体のラインがぴったり出るような服で、必要以上に“女の子”を意識させる必要もないでしょう。

一番は、あなたの好きな格好をすること。

あなたらしい魅力が出ますからね。

ただ一つ気をつけたいのは、“ちょっと近寄りがたい”ファッション……これは避けるのがいいでしょう。

黒づくめや、あまりに個性的すぎるファッションは、話かけずらい印象を与えてしまう場合も。

落ち着きのある色づかいや、柔らかな雰囲気のファッションを意識するのがオススメですよ。

「彼氏いない」を匂わせておく

「あらかじめ『彼氏いないんだよね』と言っておいてくれると、アプローチしやすいですね。

『彼氏いそうだな』と思うと、あまり積極的にはなれないから……」(Kさん・25歳男性/広告関係)

仕事ができる男性や誰からみてもイケメンな男性ほど、「実は彼女がいなかった」とビックリした経験ってありますよね。

まさに、あなたが「この子、彼氏がいそう」だと思われている可能性があります。

そのため、出会いの場において、彼氏がいないことを公言するのは大切なことなんです。

出会いがほしい場合は、「私もそろそろ彼氏ほしいな~」と、さりげなく周囲に伝えるのがいいですよ。

ただし、日頃から匂わせると“出会いに飢えている”と思われてしまうかもしれませんので、注意が必要です。

相手の気持ちを考えながら話す

「挙動不審な人ほど、話してて緊張する。前のめり気味の返事も、ちょっと怖いです。

質問攻めは身構えちゃうのでやめてほしい!」(Sさん・26歳男性/エンジニア)

自分の話をしたときに「そう思うことってない?」「こういうとき、どうするの?」と相手のことも聞き取れると、楽しい会話になるはず。

緊張のあまり、自分の話ばかりぺらぺらと話してしまう人ほど意識してださいね。

ただし、質問攻めはNGです。

色々と注意することが多いように感じられるかもしれませんが、「相手の気持ちを考えながら話す」ことを意識するだけで、全然違ってきますよ。

共感しやすい話題を選ぶ

「女性特有の美容とか好きなアイドルの話って、話されてもあんまり理解できなくて返事に困ります。

逆に、美味しいレストランとか、社会人あるあるみたいなネタの方が楽しめますね」(Mさん・21歳男性/大学生)

自分のよく知っている話には、つい白熱トークを繰り広げてしまうかもしれません。

でもできれば、誰でも共感しやすい話題を選びましょう。

話題の引き出しを増やすためにも、日頃から様々なところに出向き、自分の感じたことを話せるようにしておくと良いですね。

アンテナを張ってみて

「出会いがない」と決め付けているだけで、意外とあなたのそばにも魅力的な男性はいるはず。

常にアンテナを張りつつ、相手との時間の共有を思う存分楽しめる女性を目指してみてくださいね!

(東城ゆず/ライター)

(愛カツ編集部)