片思いが実って付き合うことができれば、非常に嬉しくなりますよね。

しかし、付き合い始めてから長く交際を続けることのほうが、実際のところ難しいものです。

よく「恋は3ヶ月目に最初の危機が訪れる」といわれることがありますが、多くのカップルはその危機を乗り越えて、彼と楽しい生活を送っています。

今回は、彼との関係を長続きさせたいと考える女性に向けて、カップル歴が長い女性がやっていることを紹介します。

3ヶ月で終わらせないために!カップル歴が長い女性がやっていること

サプライズでプレゼントを送る

「私は基本的に男性を立てるほうで、自分から何かをするタイプではありませんが、たまにサプライズで彼にプレゼントを送ります。

彼が欲しそうな物を見つけたら、メモしておいて次のデートで準備しますね。

彼に対して『自分はちゃんと見てるよ』って伝える手段でもあると思います」(36歳/化粧品)

サプライズをする際は、どうすれば彼は喜んでくれるのか、考えてすぎてしまうこともあるかもしれません。

しかし、どんな物でも彼が喜ぶプレゼントをサッと渡せたら、それだけでサプライズになるはずです。

デートで一緒に歩いているとき、彼が何に興味を惹かれているのか観察するようにしてくださいね。

趣味の幅を広くする

「自分が多趣味だからというのもありますが、最初は男ウケが良さそうな趣味とか、相手も好きそうな趣味を一緒に楽しむんです。

その後、付き合いが深くなったらニッチな趣味にも手を出しますね。

底が見えない女になるのがいいんです」(29歳/アパレル)

男の人は追いかける恋愛のほうが燃えるといいます。

付き合ってから3ヶ月目は相手の行動パターンが読めてきて、飽きがきてしまう最初のタイミングといえるでしょう。

趣味や特技・話題などを小出しにして、常に新しい一面を彼に見せると、「一緒にいても飽きない」と思ってもらえますよ。

話し方を敬語からタメ口に変える

「出会ったときは敬語で話すけど、だんだん砕けた言葉遣いに変化させてますね。

意識的にというよりは、無意識のクセみたいなものですけど。

そうやって徐々に距離をつめる感じがいいみたいですよ」(36歳/IT)

敬語で話していた相手が、いきなりタメ口で話しかけてくるとビックリしますよね。

こういった驚きも、新鮮さを失わないためには重要なのかもしれません。

最初はわざと丁寧な言葉で話してみるのもありです。

大胆に服装を変える

「付き合って2ヶ月とか3ヶ月とか、会うときにちょっとドキドキが足りなくなってきたと思ったら、大胆に服装を変えてデートに行きます。

すごく女の子らしくすることもあれば、上品にすることもしますね。

そういう刺激が大事だと思います」(26歳/販売)

服装が与える印象は非常に大きいです。

だからこそ、毎回同じような服装は避けましょう。

普段スカートを履かない彼女がある日ワンピースで現れたら、嫌がる彼氏はきっといません。

飽きさせない工夫が重要

付き合ってから3ヶ月目は最初のピンチといわれますが、変化やサプライズがあれば乗り切れるケースも多くあります。

あなたなりの飽きさせない行動を試してみてくださいね。

(大木アンヌ/ライター)

(愛カツ編集部)