イイ感じになる人や交際する人、彼女や奥さん持ち、好きな人の本命になれない女子。

これらの人は、もしかしたらセカンドになりやすい素質のようなものを持っているのではないでしょうか?

正直、セカンドになるような悪い部分を直さないと、本命になるのは難しいかもしれません。

そこで今回は、セカンドになるのが癖になっている女子の改善したいポイントをご紹介します。

本命になれない女子たちが「直した方が良いこと」とは?

いつも暇

いつも予定が空いている女子は、セカンドになりやすい傾向にあります。

「いつ誘われてもいいように、予定を空けておこう!」と予定を空け、彼からの誘いに備えている女子はこぞって本命になれないかも。仮に本命になっても、彼に浮気されている確率が高いです。

大好きな彼にできるだけ会いたいのはわかります。

でも、暇そうな感じがうかがえると魅力的に見えないというか、男子の「追いたい」と思うスイッチは入りません。

本命になりたいのなら、自分の予定をそれなりに充実させたほうがいいですよ。

そうした方が魅力的だし希少性が出て、彼も本気にな恋に力が入りやすいですから。

すぐ好きになってしまう

恋愛のスイッチが入りやすいと、本命になるのも程遠くなるかもしれません。

もちろん、互いにフリーかつ両想いならいいのです。しかし、本命の彼女や奥さんがいるのにそれを確認しないまま彼に近づく、または彼から近づいてきてイイ感じになっても……。セカンドに変わりはないですよね?

すぐに「好き」なスイッチが入る人は盲目になりやすく、相手の言葉を鵜呑みにしがち。

好きな人から「彼女と別れようか迷ってる」と言われたら「彼女と別れてくれたら私が彼女に」と期待しちゃいますよね?

でも彼女と別れない。待っていたらも3年経っていた。周りはどんどん結婚していく状況を見ていると、悲しくなってくるはずです。

「彼以外は考えられないの!!」という強い意志があるならいいのですが、違うのなら他の人に目を向けた方がいいかと思います。

でもその前に、いつも一気に距離を縮めてセカンドになっているのなら、もう少し恋に時間をかけた方がいいかもしれませんよ。

すぐに体の関係を求める

一番はこれですね。もちろんこれが先でも交際(本命)になることはあります。

ですがその場合、彼に「この子と付き合いたい!」との強い気持ちがあった場合だけでしょう。

なぜなら恋愛対象ではあるけれど、そこまで付き合いたくないときに体の関係になってしまったら……。わざわざ告白はしませんよね?

疑い深い男子なら、体の関係になりながらも「簡単に男と寝る子なんだ」と勝手に女子の人格を疑うかも。

女子から見ると、男子の勝手な勘違いによって本命から遠ざかるのも無きにしもあらず。

本命になりたいのなら、なるべくこれは引き伸ばした方がいいです。その方が大切にもされやすいですしね。

できるところから少しずつ直していこう

ここまでのことに「当てはまる」と感じた女子のみなさん、いかがでしょう?

改善できることから直した方が、悲しい恋愛を繰り返さなくていいかもしれませんよ。

セカンドではなく、次は本命を目指しましょう!

(美佳/ライター)

(愛カツ編集部)