いい大人なのに、まるで小学生の男子みたいなちょっかいを出してくる男性っていますよね。

顔を合わせる度に、からかってきたり、ちょっとイジワルなことを言ってきたり……。

一体なんで?何のために?なんて思ったことはないでしょうか。

……からかったり、イジワルしたりする男性の心理は、ほとんどが単純明快です。

ずばり「興味や好意を抱いている」から。

そんな彼の心理を3つのタイプ別にご説明していきましょう。

大人になっても…「好きな子にイジワルしちゃう男性の心理と対処法」3つ

タイプ1/見た目に即反応!お子さまタイプ

ヘアスタイルやファッションを変えたときって、少なからず褒められたいと思いませんか?

それなのに逆に「似合ってねぇーなー」「なんか違和感あるなー」なんてイジワルなことを言ってくるのは、気にしてるから、興味を持っているから。

内心は「可愛くなったじゃん!」と思っているのに恥ずかしくて言えないという心理がそこにはあります。

見た目の変化にすぐコメントをつける単純さが本当に子どもっぽいですよね。

タイプ2/男らしさをアピールしたい!カッコつけタイプ

「男は強くて無口がカッコいい」という心理があります。

寡黙でクールという自分なりに男らしさの定義を持っているのでしょう。

好きな女性の前ではなおさらそうした態度になるもの。

話しかけても素っ気なかったり、無愛想な態度で接してきたりしたら、男らしさをアピールしているのかもしれませんね。

チャラチャラした軽い男性に見られたくないゆえのイジワルっぽい態度なのです。

タイプ3/困った顔に胸キュン!オレ様タイプ

からかったり、イジワルを言って、女性が恥かしい顔や困った態度をすることに胸キュンしているパターンです。

そうした恥じらう姿が可愛くて、ついついイジワルを言ってしまう……という心理です。

オレ様タイプの男性に多いです。

女性から見れば、まるでお子ちゃま。

……でも、好意を持っている女性だけに仕掛け、他の女性には一切そうした行為はしないので脈ありなサインとしてチェックしておきましょう。

対処法1/相性表現を仕掛けてみて

からかいやイジワルは、愛情表現が下手という意味でもあります。

そんな彼に対しては、女性の方が大人になるのが手っ取り早い解決です。

好意を表現すべく、手を繋いだり、すり寄ったりして何らかの愛情表現を仕掛けてみてください。

好意が確信できると男性は安心して、イジワルよりも素直な愛情表現にシフトしてくれますよ。

対処法2/大胆にすねてみて

からかいやイジワルに反応するのが嬉しくて、男性はちょいちょい仕掛けてきています。

そんな彼の心理を利用して、大胆にすねたり、怒ったふりをしてみたりしてください。

反応があればあるほど、彼はますますあなたを愛おしく感じることでしょう。

対処法3/悲しそうにしてみて

いくらイジワルが愛情の裏返しだと分かっていても、時と場合によっては切なくなりますよね。

あんまりしつこいようなら真面目な態度で「どうしてイジワルしてくるの?」と悲しそうに言ってみましょう。

鈍感な男性でなければ、これ以上したら嫌われるから止めておこうとなります。

さらには誤解を深めたくないから「ここで告白!」と次のステップへ踏み出してくるかも?!

逆手に取るのが大人の対応?

幼稚すぎるからかいやイジワルは男性が大人になりきれていない証拠だし、いつまでも少年でいたいという心理が表れています。

イジワルがアプローチで、愛情の裏返しだと分かったら……彼の行動を逆手に取って恋愛に発展させてしまいましょう。

(森山まなみ/ライター)

(愛カツ編集部)