交際していると、「彼にほんとに愛されているのかな……」と不安になることがありますよね。

言葉にして伝えてくれたら安心するのに、男性の多くは「愛してるよ」と気持ちを伝えないもの。

そこで今回は「本気で愛している女性」にだけする言動をご紹介します。

【後編】男性の星座別・「本気で愛している女性」にだけする言動って?

てんびん座(9/23~10/23)

【ケンカしてしまう】

物腰が柔らかなてんびん座の男性。

場の空気を読んでそつなく行動するため、あまり誰かとケンカしないところがあります。

ただ、本気で愛する女性には、自分を理解してもらいたい気持ちが強くなり、ちょっとした言い争いをしてしまうことが……。

このケンカこそが「愛情サイン」です。

さそり座(10/24~11/21)

【話を覚えている】

基本的に一途なさそり座の男性。

束縛では……と思ってしまうほど連絡が多く、何かと心配もするところがあります。

とくに愛する女性にだけ見せる愛情サインは、話をちゃんと覚えていること。

「あれいいよね」と何気なく言ったことを覚えていて、サプライズプレゼントをするのです。

いて座(11/22~12/21)

【愚痴をこぼす】

行動的で束縛されるような恋愛が苦手な、いて座の男性。

気がつけば、ひとりで勝手に行動している……なんてところがあります。

そんないて座の男性が愛する女性にだけ見せるサインは、「愚痴をこぼす」こと。

愛しているからこそ、ダメなところも見せて受け止めてほしいのです。

やぎ座(12/22~1/19)

【なにかとアドバイス】

やぎ座の男性は、恋愛に慎重なだけにアプローチも静かなところがあります。

愛する女性にだけ見せる愛情サインも、わかりにくいでしょう。

ただ、悩みを打ち明けたわけでもないのに、何かとアドバイスをすることは多いはず。

ともに将来に向かっていきたい気持ちが現れてしまうのでしょう。

みずがめ座(1/20~2/18)

【女性として扱う】

みずがめ座の男性は、男女の垣根が低く、女性にも男性のような扱いをしがちところがあります。

デート後は家まで送ってくれたり、荷物を持ってくれたりなど、女性として大切に扱っているなら、それは愛する女性にだけ見せるサイン。

愛する女性だからこそ、何かと気にかけるのです。

うお座(2/19~3/20)

【テンションが上がる】

うお座の男性は、非常にロマンチストなところがあります。

愛する女性にだけ見せるサインは、ズバリ「テンションが上がる」こと。

愛されている、愛しているという自信から、つい一緒にいると盛り上がってしまうのでしょう。

生き生きとして楽しそうになるのです。

彼が見せるサインに気づいて

男性の本音は、星座によっては、わかりやすかったり、わかりにくかったりしますよね。

今回ご紹介した内容を参考に、男性からのサインを見落とさないようにしてください。

(マーリン・瑠菜/占い師)

(愛カツ編集部)