とりあえず気になる彼とのLINEが続けられていたら、「付き合える可能性があるのかな?」と期待をしますよね。

でも内容や文面次第では、もしかしたら暇つぶしに利用されているだけかもしれません。

そこで今回は「返事が来ても未来はないかも?」な“脈ナシLINE”についてご紹介します。

たとえ返信が来ても…こんなLINEは「脈ナシ」です!

忙しい系

「『ゴメン寝てた』『忙しかった』『返事するの忘れてた!』系のLINE。

普通好きな人にこんなLINE送らないよね。軽く扱われている証拠だと思う」(26歳/女性)

たしかに本当に忙しかったら、なかなか返信するタイミングもないかもしれません。

でもそうだとしても、本命女子には嫌われたくないからこそ、必ず「遅くなってごめんね」と一言謝ります。

もし言い訳ばかりで気遣いのセリフがないのなら、残念ながら脈ナシ率は高いのかも……。

返事が短縮された若者言葉のみ

「LINE自体嫌いじゃないんだけど、どうでも良い子には『りょ』とか『それな』とか適当に返信しちゃうかも。

逆に気になる女子には軽い、バカっぽいと思われたくないから、ちゃんとした文章を考えるかな」(31歳/男性)

「りょ」「それな」「わかりみ」「よき」などなど……。

最近では短縮された若者言葉が多いですよね。

意味は伝わるのですが、LINEをもらったほうとしては「そんなにLINE面倒?」と思ってしまいます。

それにチャラそうだし、この後なんて返信したら良いか戸惑いますよね。

男性もその心理がわかっているからこそ、本命にはマジメに文章を考えます。

裏を返せば、若者言葉ばかりのLINEは「いつ既読スルーされても構わない」という表れなのかも……。

ひらがなばかりで無変換

「いちいち変換するのが面倒くさくて、ひらがなばかりのLINEを送ることがある。

まぁこれでデートして、都合のいい関係でいられたらくらいの考えだよね」(33歳/男性)

たまにビックリするくらい、ひらがなばかりのLINEってありますよね。

もともとのクセもあるのでしょうが、彼らもさすがに上司には“ひらがなLINE”を送っていないはず。

つまり相手を選んで、手抜きをしています。

本来ならカッコつけたい交際前のLINEが手抜きってことは、高確率で脈ナシといえそう。

「のみでもいこうよ!わら」なんて来ても、あまり喜ばないほうが良いでしょう。

彼のLINEを見直してみて

脈があるかないかって、結局は「会話を続けようとしているかどうか」で判断できるのかもしれません。

もし彼から返信が来てもどこかいい加減なようであれば、一度女性側からフェードアウトするのも方法です。

もし本当にあなたに気があるなら、再度会話のキャッチボールができるLINEを送ってくれるはずですよ。

(和/ライター)

(愛カツ編集部)