大好きな彼となかなか会えないのはつらいものですよね。

しかしつらいからといって、彼にきついLINEを送ったり、イライラした気持ちをぶつけてしてしまうのはNGです。

そうしたところで状況を変えることは難しいですし、もしも会えない理由が彼にあるのであれば、彼の心を苦しめてしまうかもしれません。

そこで今回は、そんななかなか会えない彼をときめかせたLINEについて、実際の体験談を聞いてみました。

会いたいけど我慢してくれる

「仕事で忙しくて、デートもなかなかできなかったときに、彼女と休憩時間に少しだけLINEをしてました。

そのときも仕事で予定が合わなくなっちゃって、『ごめん、週末のデート仕事で無理かも』って送ったら『会いたいけど我慢する!』ってLINEが返ってきて……。健気でかわいいなと思いました。俺も会いたいなって素直に思いましたね」(25歳/ゲーム)

会いたいと思っているのはどちらも同じ。

しかし、どうしようもない用事でしばらく会えないこともあります。

そんなときは、「会いたいけど我慢する」という伝え方をすると、会いたい気持ちと寂しさが伝わっていいでしょう。

ただし、怒った態度で「我慢している」と伝えるのは控えましょう。

イライラしていると感じると、彼もプレッシャーに感じてしまうかもしれません。

甘えたい気持ちを伝えてくれる

「彼女はちょっとクールで、あんまり俺にも甘えてこない子なのですが、ある日いきなり『なかなか会えないから、次会ったときは甘えていい?』ってLINEがきて……。

本当は寂しがってくれてたんだなってちょっとときめきました」(33歳/警備)

普段は強がっていても、なかなか会えないときには寂しくて甘えたくなることもありますよね。

そんなときは、素直に甘えてみると、彼もそのギャップにときめいてくれるかもしれません。

また、「会いたい」ではなく「会ったときに」という言いかたをすることで、彼にプレッシャーを与えずに甘えたい気持ちを伝えることができます。

こんなかわいいLINEを送ってくれたら、彼も「早く会いたい」と待ち遠しく思ってくれるはず。

前向きなLINE

「職場恋愛をしているので、彼女とは会社で顔は合わせるんですが、忙しくて全然デートができなくて……。でも彼女は忙しくしている僕を見てくれてて、『一緒に仕事頑張ろうね!』ってLINEしてくれたんです。

寂しいはずなのに、一緒に頑張ろうとしてくれて……。本当にこの子と付き合ってよかった思いました」(36歳/ゲーム)

たとえ職場恋愛でも、仕事で忙しくしているときはプライベートで会えないなんてときもあります。

そんなときは、「一緒に頑張ろう」と前向きなLINEをしてあげるのがいいでしょう。

お互いに相手の状況が分かっているからこそ、一緒に頑張ろうとする姿や、理解してくれているようなLINEはありがたく感じてもらえるはず。

頑張りを気遣ってくれる

「仕事が忙しいときは、一日中LINEが返せないことも多いんです。そんなときに彼女が『無理しすぎないでね』って僕を気づかうようなLINEをしてくれて……。

返事ができなくても責めずに気遣ってくれて、本当にいい子だなって思いました」(32歳/商社)

仕事に集中していると、LINEの返事がなかなかできないこともあります。

しかし、連絡が取れないからといって「返事してよ」「何してるの?」などと催促してしまうと、逆効果になってしまうかも。

もし彼が忙しいと分かっているなら、「頑張ってね!」や「無理しすぎないでね」などと、彼を応援したり、気づかうようなLINEを送りましょう。

返事ができないほど忙しいのであれば、会話が必要なLINEは控えて、応援の言葉だけをかけてあげたほうが、彼もプレッシャーに感じずに仕事に集中できます。

それに、つらいときでも優しくしてくれる彼女に対して、彼も「この仕事が終わったら早く会いたいな」と感じてくれるかもしれませんよ。

会えなくても愛情は深まる

彼になかなか会えないときに、寂しいからといって、催促や文句などのプレッシャーを感じさせるようなLINEを送るのは控えましょう。

会いたい気持ちはお互いにあるのに、仕事などの用事で会えないのであれば、彼にはどうしようもありません。

そんなときだからこそ、彼を気遣うようなLINEを送ることができれば、「早く会いたい」とときめいてくれるかもしれませんよ。

(大木アンヌ/ライター)

(愛カツ編集部)