気になる男性や彼氏とのLINEで、自分では気づかないうちに、相手に「重い!」「めんどう……」と思われるような内容を送っていませんか?

送る内容やタイミングを間違えると、プレッシャーを与えたり男性が引いていたりするかもしれません。

一歩間違えると、男性が離れていってしまうきっかけとなります。

そんなことにならないよう、今回は男性が引いちゃうLINEのパターン5つをお伝えします。

「重い」「めんどう」男性が引いちゃうLINEパターン5つ

共通点1:5行以上の長いメッセージを送る

自分の意見を文章でしっかり伝えようとすると、必然的に長いメッセージになってしまいます。

5行以上の内容になってくると、「重い」と思う傾向が男性には多いようです。

また、短くしようと伝えるべき情報まで削ってしまうと、LINEのメッセージだけでは本意がどんどん相手に伝わらなくなってしまいます。

LINEはフォローアップとして使うツールだと考えて、彼と会えたとき話をするようにしましょうね。

共通点2:急によそよそしくなる

相手がなかなか返事をくれなかったり、あきらかにテキトーなレスをしてきたりしてイライラしてしまったとき。

たとえば、「しっかり調べてください。私もちゃんと安心したいので」といったように、敬語を使うなどしてプレッシャーを与えていませんか?

突然敬語になったり、普段は名前で呼んでいるのに「あなた」と表現したりすると、男性に不信感を持たれてしまいかねません。

LINEはテキストだけのやり取りとなるので、冷たい印象をより強くしてしまいます。

もしもやってしまったら、顔文字やスタンプでカモフラージュをしたり、すぐに電話でフォローをしたりするようにしましょう。

共通点3:同じテーマで1日3通以上メッセージを送る

一度に長いメッセージを送るのもNGですが、短いメッセージを何度も送ることも控えましょう。男性は「しつこい、重たい」と感じてしまいます。

とくに、相談メッセージをLINEで送る場合は慎重になりましょう。

相談ごとはどうしても複数回かかってしまいますので、気づいたらトーク画面が相談だけで埋めつくされてしまいます。

相談ごとや深い話をしたい場合は、「今度少し相談がある」「電話できるタイミングあるかな?」と、いったようにLINEはきっかけ作りとして使うようにしましょう。

共通点4:LINEでケンカしたり責めたりする

「この前した行動についてちゃんと反省してるのかな?」「それって正しいと思っているのかな」といったように、「かな」をつけて印象をやわらかくしたとしても、

LINEは文字だけのやり取りとなるので、批判や非難はさらに重く受け取られるリスクが高まります。

男性は自分の価値観や行動を否定されるのを好まない場合が多く、かなり「重い」「めんどう」と感じるでしょう。

価値観や反省心をLINEで確認するのは控えましょうね。

共通点5:詰めよって質問攻めをする

ライバル女子が気になるからといって、「◯◯ちゃんに会ったの?どうだった?」「私より好き……だったりして(笑)」といったようなメッセージは、男性からすると「重い」と感じてしまいます。

見張られているような感じもしますし、返答によっては、さらなる追求がくるのではないかと引いてしまいます。

男性は論理的にいろいろな可能性を考えますので、そんなことはLINE上に書いていない場合でも、様々な背景を想像したり意図を考えてしまったりしているでしょう。

ですので、問い詰めたり追い詰めたりして「重さ」を強調してしまっていないか注意が必要ですよ。

適度な距離感を楽しんで!

今回挙げてきたような共通点、あなたの中に思い当たるところはあったでしょうか?

男性は、「重い」と感じたり「めんどうだな」と思ったりすると、自然と距離を置いてしまうもの。

誤解を生まないよう今回お伝えしたヒントを参考に、LINEメッセージを気になる男性に送るときは注意していきましょうね。

(お坊さん 恋愛コーチ さとちゃん/ライター)

(愛カツ編集部)