好きになった年下の彼、「どうやら脈なしみたい……。」と勝手に思い込んでいませんか?

実は一見脈なしに見えても、本当は脈ありだったということもよくある話です。

今回は、脈なしではない年下男性の言動を紹介していきます。

諦める前に、彼の言動をもう一度振り返ってみてもいいかもしれません。

脈なしと思って諦めないで!実は脈ありな年下男性の行動

年齢の話をすると怒る

「年下扱いされるのがたまらなく悔しいんです。
本当は頼られたり甘えられたりしたいのに、年下だからってだけでそうしてもらえません。
自分がふがいなくて、悔しいから怒ってしまうんです……」(27歳/公務員)

年下の彼は意外に年齢に関してセンシティブ。

あなたの「かわいいね」「年下だもんね」という何気ない言葉に傷つき、追いかけても追いつけない「年の差」を歯がゆく思っているのです。

彼がすぐ怒るのは、「俺のことをもっと男として見てほしい!」という気持ちの表れなのかもしれません。

LINEの返事が遅い

「相手に好意を持ってるからLINEの返事が遅くなるんですよ。
いい加減な返事をして『これだから年下は、アテにならない』とか思われたくないです。
時間があるときにちゃんと文章を考えて送りたいから、返事が遅くなるんです」(26歳/営業)

勇気を出してLINEをしてもいつも返事が遅い……。

日付が変わってから返事が来る、なんてこともあるかもしれません。

憧れのお姉さまに「あんまり言葉をしらないのね」なんて思われたくない。

むしろ「年下なのに、案外イイこと言うじゃない」と好感を持ってもらいたい。

だからこそ、LINEの返事もいい加減にはしたくない。返事が遅いのはこういう理由があるようですね。

「なんでもいいですよ」と返される

「年上の女性の方が、きっとお店とかいっぱい知ってるはずですよね。
ヘタに『○○行きましょう』なんて言って、『え~あそこ?』なんてドン引かれるのが怖いです……。」(25歳/メーカー勤務)

ランチや映画に誘っても、「どこでもいいですよ、おまかせします」と言われることは案外多いですよね。

しかし、その言葉は本心ではありません。

本当は一緒にお出かけはしたい、でも食事やカフェでヘンな店を提案して印象を悪くしたくない。

だからと言って「いいお店教えてください」なんて言うとプライドがズタズタです。

激しい葛藤の末、「なんでもいい」という返事が一番無難だと思っているのでしょう。

年下男性の本心をしっかり見抜こう!

勝手に脈なし、なんて早合点してしまうと、結ばれる運命も結ばれなくなってしまいますよね。

彼の言動の表面だけをとらえて敗北宣言するのではなく、彼の本心をしっかりと見抜く力を身につけることが大切です。

年下男性の言葉に耳を傾けて、本心を探っていきましょう。

(愛カツ編集部)