彼氏から「女友達と飲みに行ってくる」と言われたら、どう返しますか?

いくら彼氏を信頼していても、不安に思うのは仕方のないこと。

どうしたら彼の機嫌を損ねずに、自分のモヤモヤを解消できるのか……エピソードを交えながら、「できる女性の切り返し方」をご紹介します。

ぜひ参考にしてみてくださいね。

彼氏に「女友達と飲みに行く」と言われたら?うまい切り返し方3選

「信頼しているよ」の一言

「僕の彼女、女友達と飲みに行っても嫌がらないんですよね。
理由を聞くと、『相手や日時を正直に教えてくれるのに、疑う理由はないよ?』と笑顔で言われ、ジーンときました。
これからも信頼を裏切らないように努力し続けます」(23歳/美容師)

「あれもダメ、これもダメ」と束縛するのは逆効果。

必要以上に不安を口にすると、自分も彼もネガティブな感情でいっぱいになってしまいます。

むしろ彼女の「信じているよ」の一言がお守りとなって、魔が差したとき思いとどまる男性は多いもの。

信じていることを伝えつつ、あとは彼氏に任せてみてはどうでしょうか。

また、たまには自分も男性とふたりで食事に行くのもおすすめ。

同じ立場になったときどんな気持ちになるか、感じてもらう機会になりますよ。

なぜ心配なのか理由を伝える

「彼女から『元彼に、過去同じ状況で浮気されたことがあって……』と弱々しく告白されました。
最後まで『飲みに行かないで』とは言わず、僕の交友関係を尊重してくれたので、飲みに行った日はどんなに遅くなっても彼女に会いに行くことを約束しました。」(25歳/看護師)

普段どんなに真面目でお酒に強い男性でも、状況次第では思わぬ事態を招くこともあるかもしれません。

なぜ行ってほしくないのか、どこに心配を感じているのかを明確に伝えて、気持ちを理解してもらいましょう。

そうすることで、安心してもらえるにはどうしたらいいのか、彼氏も考え行動するはず。

お店を一緒に選ぶ

「女友達と飲みに行くときは、僕の彼女のおすすめのお店に行きます。
たいていお店選びを褒められるので、自然と彼女の話題が出ます。
表には出さない彼女のやきもちも感じられるので、愛しいですね」(25歳/SE)

できる女性は彼氏の口から自分の話が出るよう、巧妙に仕組んでいるようです。

「このお店、彼女のイチオシなんだよね」と幸せそうに語る男性に、女性はアプローチしにくいものです。

不安をうまく伝えて、モヤモヤを解消しよう

できる女性は、嫉妬し過ぎず、無関心を装い過ぎずと、さじ加減が上手。

ゆずれない部分だけはしっかりとおさえて、彼を快く送り出してあげましょう。

「女性と飲みに行くことを事前に知らせてくれてありがとう」と、感謝の気持ちを伝えるのも忘れずに!

(愛カツ編集部)