「可愛くて友達でいる分にはいいんだけど、恋人としてはナシかな……。」

このように、どうにも男性をがっかりさせる部分を持つ女性たちがいます。

今回は、社会人男性が内心がっかりする「残念な女性」の要注意行動を紹介していきます。

社会人男性がガッカリする「残念な女性」の要注意行動3選

八方美人

「みんなに愛想がいい子って、何を考えているかわからない。
意見を聞いても『私はみんなと同じで……』とか、絶対自分の意見を言わないし。

腹を割ってない感じって裏がありそうだし、陰で全員の悪口言ってそう。自分の意思がないのかな」(27歳・男性)

一見感じよさげな「八方美人」も、男性からするとあまり好ましくないようです。

誰に対しても愛想を振りまいていると、「協調性がある」よりも「自分の意見がない・隠している」と思われてしまいます。

食べ物の好き嫌いが多い

「自分が厳しく育てられたのもあって、食の好き嫌いが多い女性はわがままなのかな?と思う」(22歳・男性)

「アレルギーでもないのに、あれはダメ、これはダメってうるさい子は、一緒にいても楽しくない。
自分が肉は嫌いだからって『また食べてるの?』『よく食べるね』とか言われるとイラっとします」(30歳・男性)

付き合う女性に対して、「食の相性」を重視する男性も多いようです。

食べられないものが多い女性は、「合わないかも」「わがままなんじゃない?」と思われがち。

食べられないものは誰にでもありますが、それを好んで食べる人もいますよね。

「私それ嫌い」「そんなのよく食べるね」などの発言は控えましょう。

うわさ話が好き

「芸能人の不倫を叩いたり、社内の嫌いな人の悪口を言う時だけイキイキしてる人っていますよね……。
関係ない他人の人生の話ばっかりで、自分の話は全然しません。
話しててもつまらないし、その子も人生がつまらないのかなと思う」(28歳・男性)

人の悪口に限らず、うわさ話に食いつく女性を嫌う男性も多いです。

彼も顔を合わせる社内の人のうわさを嬉々として話す様子は、男性から見ても気持ちの良いものではありませんよね。

「悪口のつもりはない」「嫌われている人だから叩いても良い」とう考えは、まともな男性には通用しません。

ネガティブで嫌な感じの子、と思われないように注意しましょう。

残念な女性にならないようにしよう!

何を考えているかわからない女性を苦手に思う男性は多いですが、社会人になるとさらに「自分の意見がない子」も敬遠されます。

女性の普段の言動や態度は、結婚も視野に入れ始める社会人男性にとっては大切な判断材料です。

自己主張の仕方を間違えないよう、普段の行いに注意していきましょう。

(中野亜希/ライター)

(愛カツ編集部)