彼氏に「俺がいなくても生きていけそうだよね」と言われた経験がある女子も少なからずいるはず。

しっかりしていることはいいことですが、あまりにもしっかりしているせいで彼氏が『必要とされていない』と離れていくことも……。

彼氏をひきつけておくためには、「俺がいなきゃ!」と使命感(?)を与えた方がいいです。

そこで今回は、彼があなたから離れられなくなるコツをご紹介します。

簡単なのに効果的…「彼があなたから離れられなくなるコツ」4つ

欲しいものをあげる

彼が欲しがっているバッグとか時計をプレゼントするということじゃないです。

まあ、誕生日とかクリスマスにプレゼントするのはいいですが、普段からプレゼントするとただの貢ちゃんだし、もらうのが当たり前になって感謝の心が弱いダメンズになってしまいます。

だから、あげるのは金品ではないものにするのがコツ。

たとえば、ひとりの時間を大事にしている彼には、一人になれる時間をあげるとか、承認欲求が強い彼にはたくさん褒めるとか。

この場合「俺がついてなきゃ」という感覚ではなく、心地よさが彼女から離れられなくなる理由の一つになります。

リア充すぎない

正直、友達としょっちゅう遊んでいるリア充よりも、そうでない女性の方が彼氏としても独占欲が程よく満たされるので、彼女から離れられなくなります。

彼の知らないコミュニティで大いに楽しむのも大事ですが、遊びに行く頻度が多いと、「俺がいなくても楽しそう」「俺といる時よりも楽しそうじゃん」と不安になるもの。

SNSに旅行やパーティーなど、「友達との楽しい時間」の写真をあげる人もいるでしょう。SNSにあげるのはいいのですが、彼が見てどう思うかも考慮しましょう。

逆に、(男子によっては嫌がるけど)彼とのデート写真やプレゼントした物をSNSにあげる子のほうが、彼としては可愛いと思うんです。

友達との写真はあげて彼との写真はあげない、となると彼も面白くないですからね。

頼ってみる

自立しているのはいいのですが、しっかり自立しすぎると「俺がいなくても生きていけそう」と思われやすいです。

ちょっとは彼を頼って「俺がしっかりしなきゃ」「守ってあげなきゃ」と思わせたほうが、彼も自尊心が高まるし、庇護欲もくすぐられるので、頼り甲斐のある男子になるんですよ。

それに、程よく頼ったり、か弱さを見せたりしたほうが彼氏がダメンズになりづらいんです。

「自分がしっかりして、彼を支えてあげなきゃ!」と思うのも素敵ですが、母親っぽくなったり、自立したタイプになってしまうと、彼もあなたのために割くエネルギーが少ないため、夢中になりづらいです。

エネルギーを割けば割くほど、人って相手に夢中になりやすいですからね。

男って、必要とされた生き物?

正直、「この子には俺しかいない」「この子の一番は俺だ」と思わせた方が彼の方が離れません。

結局、男って必要とされたい生き物なのかも。

自分の存在価値が手に取るようにわからないと不安になってしまうようです。

「友達も大事だけど、あなたが一番だよ」という態度を示した方が大切にされやすいですよ。

(美佳/ライター)
(愛カツ編集部)