かわいくて性格がいいのに、彼氏からはあんまり大切にされていない……そんな女性っていますよね。

一方で、さほど気遣いせず、気ままに振る舞う女性が、男性からはいつも大切にされていることも。

どうやら、雑に扱われる女性がうっかりやりすぎていることがあるみたいです。

今回は、男性に大事にされない女性の特徴を3つご紹介します。

意外なところに原因が…!男性に「大事にされない」理由とは?

友達との予定をキャンセルして彼氏を優先する

「彼のことはどんなときも優先」なのもイマイチ。

たとえば、友達との約束を入れていた休日に、彼から「やっぱり会えそうかも」と連絡が入ると、友達の約束をキャンセルして会いに行く行為はNG。

これでは、「会いたくなったときに連絡すればOK」と男性が思っても仕方ありません。

また、自分と会うために、人との約束をドタキャンする女性を、「信用できない」と思う男性も多いです。

彼女にも予定があるとわかれば、「俺がいなくても彼女には楽しいことがあるみたいだ」「彼女に会いたければ前もって約束しないとダメなんだ」と彼は思います。

その日は会えなくても、長い目で見れば、むしろ彼の中での優先順位が上がるのです。

本音を言わない

「本当は会いたいけど、疲れてるでしょ?私は大丈夫」

忙しい彼につい言いがちなセリフです。

自分を気遣ってくれるやさしい彼女に見えそうですが、疲れているときの男性は、「あ、そう?平気ならいいか」と言葉通りに受け取ってしまいます。

疲れた男性には、彼女の心配りや言葉の裏の意味までくみ取る余裕はありません。

「がんばって会いにいかなきゃ」という気持ちを先回りで封じられるうちに、「別に会いにいかなくてもいいか」とテンションが下がっていくことも。

彼がひとりでリラックスする時間や友達と過ごす時間を楽しんでいるうちに、あなたの優先順位がどんどん下がってしまいますよ。

意志表示をまったくしない

生活の中で、恋愛の優先順位が1番という男性は少数派。

それどころか、関係が安定していると判断すれば、頭の中から恋愛が抜け落ちてしまうこともあるみたい。

男性の恋愛に割くリソースは、あまり大きくありません。

女性から「かまってほしい」「休みの日には会いたい」と意志表示しないければ、彼女のことを優先的に考えにくくなります。

「会いたい」「連絡がほしい」など具体的な要求をしていなければ、せっかく「好き」と言っていても、「知ってる」で終わってしまうのです。

「好きなら気づいてくれるよね」という考えは捨てて、あなたのしてほしいことをわかりやすく伝えましょう。

ドライな彼に合わせて、意思表示をしないことが続くと、「あいつは何を考えてるのかわからない」と他の女性に目移りする原因になってしまうのです。

気持ちの抑え過ぎは破局につながる

どんなケースにも共通している点は、女性が自分の気持ちを抑えすぎてしまうこと。

彼の顔色をずっとうかがい続ければ、彼の気持ちは冷め、最終的には別れを選んでしまいます。

男性には女性のお願いをかなえてあげたい願望もあります。

遠慮をやめて、素直になってみると、いままでより大事にしてもらえるかもしれませんよ。

(中野亜希/ライター)

(愛カツ編集部)