「また遊ばれた……」。そんなつらい恋愛を経験した人、あなたの周りにいませんか?

一度つらい恋愛を経験すれば、二度と同じ轍は踏まないはず。しかし、なかには何度も「遊びの恋愛」を繰り返してしまう人も。

では、「何度も遊ばれてしまう女子の特徴」にはどんな特徴があるのでしょうか。

どうして?何度も「遊びの恋愛」に陥る女子の特徴

見る目がないのに「男運がないだけ」と思っている

「20代前半の恋愛は、変な男に引っかかってばかりでした。浮気されたり、お金をとられたり……。
男運がないんだと思っていたけど、違った。私に男を見る目がなかったんです。
それに気付いたあとは、遊ばれなくなりました」(29歳/教育)

「男運がない」という考えは、自分の責任を放棄していることです。厳しい言い方をすると「逃げ」ています。

逃げてばかりではつらい経験をしても反省が得られないでしょう。反省できないから、また同じことを繰り返してしまうわけです。

「自分は男を見る目がないんだ」という気づきは、女性としてひとつ成長できた証です。

自分に非があることを認めることで、やっと恋愛スキルがアップします。気づきと痛みを経て、良い恋愛ができるでしょう。

「男女の友情」は「成立する」にこだわる

「私は、『男女の友情は存在する』思っていました。
でも、そうやって簡単に気を許して付き合うと、男性も簡単に手を出してくるんです。

もしかしたら、身体の関係ができても友情はあるんじゃないか……とも思うこともありました。
でもそんな都合のいいこと、ありませんよね」(26歳/受付)

男女の友情が成立するかどうか、ましてや身体の関係ができても、友人のままでいられるかについては、長きに渡って語られてきたところでしょう。

あるなしを明言こそできませんが、身体の関係ができても友人のままでいることは難しそうです。

あまり「男女の友情はある」と自分の考えにこだわりすぎると、同じあやまちを繰り返してしまうでしょう。気をつけて。

誰にも「嫌われたくない」

誰にも「嫌われたくない」

「昔の私は、断るのが苦手でした。誰にも嫌われたくないと思っちゃって……。
そのせいで、求められると簡単に身体を許してしまっていました」(28歳/美容師)

断わると嫌われる……という意識が強かったんでしょうか。相手を大切にするあまり、自分を大事にできなかったのですね。

でもあらゆる人を受け入れていては、逆に変な噂が立つかもしれません。相手よりも、自分を大事にしてくださいね。

傷つきたくないから現実を見ない

「私の場合は、遊ばれたとしても、遊ばれたとは思っていませんでした。遊ばれたとは思いたくなかったんです。
『遊ばれた』と自分で認めてしまったら、自分のことが好きではいられなくなりそうで……。だから結局、何回も遊ばれてました」(27歳/損保)

自分のことが大好きな人や、傷つきたくない人にありがちな考え方かもしれませんね。もしかしたら、自分のほうが「遊んでやった」ぐらいに思っているのかも。

どんなにつらい恋愛でも「遊ばれていない」と思い込む女性は、遊びの恋愛をしたい男性の格好のターゲットになります。

つらい恋愛を反省して改善しなければ、同じような男たちに、狙われていくことになりますよ。

主導権を握って遊びの恋愛を遠ざけて

たとえ男性に遊ばれてしまったとしても、最小限の被害で食い止めることが大事です。

ダメなのは、反省もせず同じことを繰り返してしまうこと。

恋愛の主役は自分自身です。決して相手に主導権を渡さず、自分で恋愛をコントロールしましょう。

「恋愛の主役は自分」という考え方こそ、遊びの恋愛を遠ざけてくれますよ。

(大木アンヌ/ライター)

(愛カツ編集部)