気になっている男性を目の前にすると、いざデートに誘おうとしてもなかなか恥ずかしくてできないものですよね。

最近では、直接会ったり話したりしなくても、LINEを上手に活用してデートに誘い出す方法もあります。

そこで今回は、気になる男性に送りたい「デートのお誘いLINE」を紹介します。

気になる男性に送る!デートのお誘いLINE4選

気軽にOKを出せる内容で送る

まだ付き合いが浅い関係性の男性を誘うなら、いきなりデート感を出しすぎることは避けましょう。

気軽にOKが出しづらくなるような内容は、男性の逃げ道をなくしてしまいます。

相手の男性もあなたに気があるのなら、デートということでドキッとさせることもできますが、そうではない場合は焦らないことが大事。

まずは「食事」や「飲み」に誘う形にして、「デート」だと意識させないほうが無難です。

何度か食事をしたあとで、「来週デートしません?」なんて急に言ってみたら、男心を揺さぶることもできるでしょう。

彼も興味がある情報や写真をそえる

ただ文章だけで誘うよりも、彼が興味がありそうな写真や情報を送ったほうが、男性を乗り気にさせやすい場合もあります。

たとえば、「このハンバーグ、すごくおいしそうじゃない?」と写真を送りながら誘ってみると、「食べたい」と感じてもらえる可能性も。

写真だけではなく、彼が好きそうなお店やレジャースポットの情報を送るのも、同様の効果が得られるはずです。

とにかく文章だけではなく、よりイメージが膨らむような素材をLINEで送れると、男性のテンションを上げることができるでしょう。

誘い方はあくまでも会話の流れで

LINEはメールとは違い、普通に会話ができるツールなので、会話の流れを見て自然にお誘いをすることもできますよね。

かしこまって誘うよりも流れの中で誘い出したほうが、「いいね、行こう!」と男性も言いやすいもの。

おいしいお店の話をしているとき、話題のスポットの話をしているとき、気になる映画の話をしているとき。

そういったときに「じゃあ一緒に行ってみない?」と誘えば、変な重苦しさもないので、成功率も高くなるはずですよ。

会って話すチャンスを作る

秘密の話や相談を持ちかけるというのは、気になる男性との距離を縮めるテクニックのひとつ。

LINEで軽く相談に乗ってもらったり、「○○くんにだけ聞いてほしい話があって」など秘密の話をしたりすると、親密さは増していくかもしれません。

また、LINEでは全てを話さず「今度詳しく話したいです」と一言そえれば、そのまま食事にも誘い出せるでしょう。

LINEが長引くことを避ける行為でもあるので、男性としては嫌な気持ちにはならないはずですよ。

はじめてのお誘いはライトに

かしこまったり、重々しくデートに誘ったりするのではなく、気軽に食事や映画など誘いの言葉を投げかけたほうが、男性も気がまえしなくて済むでしょう。

まずはそうやって、一緒に過ごす時間を増やしていくことを大切にしていきましょうね!

(山田周平/ライター)

(愛カツ編集部)