2015.12.21

『何回もデートしてきたし、これはもう両思いでしょ』と思って、彼に勇気を出して告白したのにも関わらず、フラれてしまった・・・という女性はいませんか?

『えっ、じゃあ今までのあの思わせぶりな態度は一体なんだったのよ!』と裏切られたような気分になってしまう女性も少なくないと思います。

そこで今回は『脈アリだと思っていた彼にフラれてしまった時、考えられる4つの理由』についてアンケートをもとにまとめてみました。

■1.最初は好きだったけど冷めてしまった

「確かに最初は俺も好きだった。でも途中から冷めてきちゃったんだよね・・・。相手の子には悪いと思ったんだけど、振っちゃいました。」(21歳男性/大学生)

あまりにも友達期間が長いと、『あれ?俺やっぱりこの子のこと好きじゃないかも』と気持ちが冷めてしまうことがあるみたいです。

特に熱しやすく冷めやすいタイプの男性だと、こういうことが起きやすくなります。一度は彼と両思いの期間もあったのですから、『脈アリ』と感じてしまうのは当然ですしね。

このような場合は、彼の気持ちが一番盛り上がっている時を見計らって告白するようにしましょう。

■2.実はチャラ男だった

「脈アリだと思って告白したけれど、実は誰とでも遊びに行っているチャラ男だったことが発覚した。しかも長年付き合っている本命の彼女までいました。本気で彼のことが好きだったので少しショックでした・・・。」(19歳女性/専門学生)

チャラい男性の方が女性の扱いが上手だったりするので『こんなに優しくしてくれるなんて、もしかして私のこと好きなのかな?』と勘違いしがちです。

彼が自分のことが好きで優しくしてくれているのか、ただ単に女好きなだけなのか見極める必要がありそうですね。

■3.彼女ができてしまった

「勇気を出して好きな人に告白したら『えっ、俺もう○○ちゃんには脈ナシだと思って彼女作っちゃった・・・。もう少し早く言って欲しかったよ。』と言われた。」(21歳女性/大学生)

男性の中には『早く彼女が欲しい』と思っている人も。気持ちの切り替えが早いタイプの彼だと、脈ナシだと感じたら、すぐ他の女性に移ってしまうことも考えられます。潔く『この人とはタイミングが合わなかったんだな』と諦めることも必要かも。

■4.告白するのがまだ早かった

「高校生の頃、好きな人に告白したら『もう少し待って』と言われたことがある。どうやら元カノとのけじめをしっかりつけたかったかららしい。」(19歳/専門学生)

これは3とは逆のパターンですね。仕事や勉強など、彼の中で一区切りつけたいことがあるのかもしれません。

彼から何かしらのアクションを起こしてくれるのを待った方が良さそうです。

■おわりに

いかがでしたか?やはり恋ってタイミングが大切なんですね。でも勇気を出して自分の気持ちを伝えたということが、何よりもすごいことです。

仮に告白が上手く行かなかったとしても、あまり落ち込む必要はないと思いますよ。(和/ライター)

 

(ハウコレ編集部)(島村遥/モデル)(柳内良仁/カメラマン)