彼と仲良くなったらやっぱりキスがしたい。

だけど、キスするなら自分からじゃなくて、やっぱり彼からしてもらいたい……。そう思う人はきっと多いはず。

では、どうやったら男性は、彼女にキスをしたくなるのでしょうか?

今回は、彼からキスをしてもらうための方法を3つ紹介します。

さりげなく試せる方法ばかりなので、キスしてと直接言えない人は必見ですよ♡

直接は言えない!彼からキスしてもらうための3つの方法

「2人っきりだよ」と耳うちする

デート中、どこかのタイミングで2人きりになったときには、彼に一歩近づいて「2人っきりだよ」と耳打ちしてみましょう。

2人っきりというのはとても特別な響きなので、言われただけできっと彼もドキっとしてしまうはず。また、耳うちすることで急に距離も近づくので、ドキドキ度も急上昇!

彼女から「2人っきりだよ」とささやかれたら、彼からすれば、彼女からOKの合図が出されたのと同じこと。

きっと周りを気にしながらも、キスしてくれるはずですよ。

笑った顔を見せる

男性は女性の笑顔に弱いものです。特にそれが自分の彼女となれば、胸キュンするのは当たり前のこと。

彼からキスをしてもらいたいなと思ったら、彼が思わずキスしたくなるような、笑った顔を見せてみましょう。

そんな彼女の表情を見ると彼は、「彼女は自分のこと好きでいてくれているんだな」「デートを楽しんでくれているんだな」と嬉しく思うはずです。

そして、彼女が楽しんでくれていると安心することで、彼はキスのアクションを起こしやすくなるはず。

デート中は笑った顔を見せることを意識して、彼のキスをゲットしましょう♡

「何か忘れてることない?」と言ってみる

デートの帰り際は、彼との思い出が楽しければ楽しいほど悲しくなってしまうものです。やっぱりここは、キスをして締めくくってほしいところですよね♡

そんなときは「何か忘れていることない?」と彼に聞いてみましょう。

こういうシチュエーションはドラマにもよくあることなので、よほど鈍感な彼でなければ、キスのおねだりだと気が付くはず。

それでも気づかない彼には、「今日はくちびるのケアがんばったのにな~」と言ってみましょう。

さすがに話の流れから気づいてくれるはずですよ。

さりげなく意識させてキスをゲット♡

直接的にキスをおねだりするのは、いくら付き合っている彼とはいえはずかしいもの。

大好きな彼とキスをしたいけど、直接言うのは恥ずかしいなという人は、ぜひ紹介したさりげない方法で彼にキスを意識させてみてくだささい。

きっと彼もきっかけを待っているはず。きっかけさえあれば、2人は簡単に一歩近づけるはずですよ。

(如月柊/ライター)

(愛カツ編集部)