LINEを彼に送ったのにも関わらず、返事が返ってこないどころか既読もつかない。

まさかブロック……?

このように、LINEを巡って不安になることもあるでしょう。

でも、これは忙しい男性によくあることなんです!

果たして、ブロックを除いて男性が女子のLINEに既読をつけない理由はなぜなのでしょうか?

男性が1日以上LINEに既読をつけない理由とは?

通知をオフ・非表示にしている

「彼女が僕の携帯を見たがるんです。デート中もバイブ音がしただけで『見なくていいの?』とか言ってくる。

彼女といるときはLINEの通知を切ってあとでチェックするようにしています。」(25歳・男性)

嫉妬深い彼女以外といるときにも、プライベートの携帯を鳴らすのはまずい場面は結構あります。

そんなときにLINEの通知を切ったり、メッセージを非表示にする男性も中にはいるようです。

平日の昼間や土日など、決まった時間帯は既読がつくのが遅め。そんな男性は、LINEの通知を陰でコントロールしているのかも?

既読がついてすぐ返事が来るときは、このパターンの可能性が高めです。

プレビューを見て安心していた

「短文のやりとりだと、通知画面で見て『うん!わかった!』で、忘れてしまうことがあります。

2、3日して自分からLINEしようとして、初めて『未読のままだった!』って気づいて申し訳なく思うことも」(27歳・男性)

メッセージを開いてわざわざ既読をつけなくても、短文ならプレビューで全文読めてしまいますよね。

読むだけでいい内容なら既読をつけるのを忘れてしまうのもしばしば。ありがちですよね。

女子からするとそれまで普通にやり取りしていたのに、いきなり未読スルーをされて時間が経っていく。

そのため「私、何かした?」と心配になりますよね。

男性は必ずしも「おやすみ」「わかったよ」などでトークを締めてくれるとは限りません。

もし、送ったLINEに彼の「了解」をつければ話が終わったように見えるときは、ただの既読の付け忘れかもしれません。

そもそもスマホが壊れて使えなかった

「スマホの画面が割れていたんですけど、しばらく直さずに使っていました。ある日画面が真っ黒になり操作不能に。忙しくて買いに行けないし、全ての設定を元に戻せたのは週末。

みんなに「もしかしてLINEくれてた?」って送ったら、イイ感じだった女子から『何日も未読でびっくりした』と言われて反省しました」(29歳・男性)

「ごめん、携帯が壊れてて」「どうしてLINEを返してくれないの?」なんていうやり取り、嘘くさい!と思いますよね。

でも、だましだまし使っていた携帯が急に壊れることもあります。

日常から画面がバキバキの携帯を彼が使っているなら、この可能性を疑ってもいいのかも。

色々なことを考えて心を広く持とう

スマホの修理をしていない、確認が適当すぎるなど、未読の原因は「忙しい」のが原因かも。

忙しいといっても、既読ぐらいできるでしょ?との言い分は通じないこともあります。

悪意で未読にしている人はあまりいません。いきなり「どうして未読なの?」と怒るのは危険ですよ。

様々なことが背景にあると考えながら、気楽に構えておきましょうね。

(中野亜希/ライター)

(愛カツ編集部)