名前の頭文字からは、運命を読み取ることができます。

そこで今回は、磨けば磨くほどモテる「ダイヤの原石」タイプの女性をランキング形式で占ってみました。

3位から1位の順での発表です。

また、効果的な磨き方もレクチャーします!

名前例:
ゆいな→や行 ねね→な行 あみ→あ行

※「だ」や「ぱ」などの濁音は、点や丸を取って「た」「は」に直します。

名前で占う♡磨けば磨くほどモテる!「ダイヤの原石」タイプの女性TOP3

3位 名前の頭文字が、た行・な行・ら行の女性

……自分でやりたい磨き方が最良

前向きな性格で情熱的、そして天真爛漫な、た行・な行・ら行の女性。

粗削りなダイヤの原石を内に秘めています。

ただ、石は磨くとなめらかに丸くなりますが、丸くなりすぎてしまっては、た行・な行・ら行の女性の明るさや素直さ、大胆さが減ってしまうかも。

でも、人に言われた磨き方ではなく、自分でやりたい磨き方をするのなら問題ありません。

思うがままに目標に向かって進むことが、魅力を輝かせモテる最良の方法でしょう。

2位 名前の頭文字が、さ行の女性

……磨くほどに結果が出る

「自分はダイヤの原石である、磨くほどに光り輝く」という強い意志をもって、自分磨きに精を出すのが、さ行の女性です。

実際、原石としての資質も優れているので、磨くほどに結果が出るでしょう。

ただ、さ行の女性の欠点は、磨きすぎてしまうこと。

やりすぎて健康を損ねたり、夢中になって磨きすぎてまわりが見えなくなり、人間関係にひびが入る場合も。

「いいかげんさ」を身につけることで、優しく魅力的な女性という顔も得られ、モテるでしょう。

1位 名前の頭文字が、あ行・や行・わ行の女性

……まさにダイヤの原石

あ行・や行・わ行の女性は、目立つことはあまり好きでなく、周囲にどう思われようが自分のポリシーにしたがって行動します。

それゆえ、地味に見えることも多いでしょう。

しかしこの女性こそ、ダイヤの原石のような女性です。

磨けば光るどころか、磨かなくてもその光をさえぎることはできません。

光の種類は、知的な光だったり、母性の光だったり、見た目の美しさだったりいろいろ。

めんどくさいからと自分を放っておかずに積極的に磨けば、モテモテです。

合言葉は「磨けば光る」!

私って、魅力ないな……そんな風に落ち込むこともあるかもしれません。

でも、気づいていないだけで磨けば光る可能性を秘めているのです。

落ち込んだとき、には「磨けば光る」を思い出してみてください。

前向きな気持ちがダイヤの輝きを呼び起こし、幸せへと歩いていける力が出てくるはずよ!

(瀧天貴/占い師)

(愛カツ編集部)