デート中、男性の態度に「なんか感じ悪いかも……」と思ったことはありませんか?

イラッとするかもしれませんが、それは脈ありサインの可能性も高いです。

今回は、イラッとする男性たちの脈ありアピールを見ていきましょう。

イラっとするけど脈ありアピールのつもりで男性がしていること4選

不意のボディタッチが多い

告白してくるわけでもないのに、ボディタッチをしてくる男性もいますよね。

付き合う前だと「なんで触るの?」とモヤモヤする女性も多いですが、これも脈ありサインの1つ。

さりげないボディタッチは、ある程度は女性の好意を感じていて、それを確かめるためであることも多いようですね。

中でも、さりげなく手をつなぐ・髪を触る・ひじや二の腕に触るなど、上半身中心のものは脈あり度高め。

ただしお尻や太ももなど、下半身中心のものやあなたが振り払っても何度も触ってくるなどは、恋と言うより下心高めです。

男性の行動をよく見極めてくださいね。

自虐風に自慢する

デート中の話の合間に自慢をしてくる男性って、意外と多いですよね。

「俺って肩幅広いから、電車の中で迷惑って思われてるんじゃないかなって(笑)」のような遠回しな自慢。

女性同士なら「出たよー、自虐風自慢!」と突っ込みたいところですが、男性の場合はこれが脈ありサインである事も少なくないんです。

「ひけらかす気はないけど、人からもよく褒められてるよ!」「だから俺の事好きになって!」的な心理から、好きな子には自慢をしたくなるんですね。

自虐風自慢は、男性からの「俺っておススメ!」というサインと捉えても良いでしょう。

「元カノに似てる」と言う

デートの相手に「元カノに似てるんだよね」なんて言う男性は、デリカシーなさすぎですよね。

しかし、これもまた脈ありサインである可能性が高いです。

このセリフには「元カノ=好きになったこともあるくらい魅力的」つまり、「元カノに似ている=君の事もタイプ」という意味が潜んでいることがあります。

男性とその元カノが別れたばかりだとか、元カノの浮気の末に別れているような場合は別ですが、男性の言う「元カノ」にはあまりネガティブな意味はありません。

無神経に聞こえますが、褒めているつもりのこともあるんです。

逆パターンで、男性に「元カレに似てる」と言うと「タイプなのかな?」と受け取る人も多いでしょう。

マウンティングしてくる

「私が感動した映画の話をしたら、彼は難解な映画の話をしてきた」。

こういう“かみ合わない会話”って、男性相手だと特に多いですよね……。

会話も楽しめないの?と思いきや、俺のほうが詳しい、俺のほうが頭いい、俺のほうが……。

こんなマウンティングは「彼女より上に見られたい」「すごいって思われたい」なんて気持ちの表れであることも。

頭ごなしに「そんなんじゃダメだよ」と、あなたを否定する言い方だと脈はありません。

しかし、「俺はこういうのが好きだな。苦手じゃないなら今度教えるよ?」というような、こちらを否定せずに何かを教えたがるような言い方の場合は、脈ありサインの可能性大です。

実は脈ありアピールかも?

男性は女性よりも上に見られたいというプライドがあるので、ついイラッとする言動をしてしまいがち。

アピールのつもりが、女性の気持ちを冷めさせてしまう原因につながることも……。

本当は男性が何を伝えたいのかを、しっかりと探っていきましょう。

(中野亜希/ライター)

(愛カツ編集部)