彼女のことは好きだし、信用しているけど……。

なかには、彼女の言動がきっかけで「え?俺のこと本当に好き?」と疑ってしまうこともあるようです。

そこで今回は、男性がつい彼女の愛情を疑ってしまうような、「NG言動」をご紹介します。

本当に俺のこと好きなの…?思わず愛情を疑ってしまう「NG言動」4つ

1.高額なものをおねだり

「昔、彼女に高額バッグをねだられて引いた。普通、彼氏に50万円もするバッグねだる?普通のサラリーマンって知っているはずなのに……。

俺のことが好きなのか、それとも俺の財布が狙いなのか。不安にさせる言動は、関係にヒビを入れるからよくない」(30代・証券)

誕生日は、大切な「記念すべき日」ではありますが、「自分の欲しいものがなんでももらえる日」ではありません。

プレゼントは義務ではなく、相手からのご厚意です。

「財布狙いなのかな……?」と思わせることがないよう、高額なものをためらいなくねだるのはやめておきましょう。

2.SNSに彼氏のグチを投稿

「少し前に彼女とケンカをして、一応仲直りはしましたが、後日彼女のSNSをのぞいたら、俺のことだろうと思われるグチがたくさん書いてあって、切なくなった……」(20代・不動産)

自分のグチが、相手のSNSに具体的にあれこれ書かれてあったら、普通にへこみますよね。

相手にイラっとしても、今の関係を続けたいのなら、自分がやられて嫌なことは控えましょう。

3.他の男性とふたりで食事にいく

「ほかの男とふたりで食事に行かれ、なんで男とふたりで行くのか突っ込んだら、『え?ただ友達とご飯食べるだけだよ?』と、何がいけないの?という顔をされた」(20代・外資)

異性とふたりきりで食事 OK!というカップルもいれば、異性とふたりきりで食事は浮気!となっているカップルもいるでしょう。

そのあたりは彼と話し合うしかないですが、浮気を疑われたくないのなら「ふたりきり」で異性と会うのは、できるだけ避けたほうがいいかもしれませんね。

4.付き合ってすぐに「結婚」の話

「元カノと付き合ったとき、元カノからの猛アプローチで付き合ったんだけど、2回目のデートで結婚の話をされた……。俺のことが好きなんじゃなく、単に誰かと結婚したいだけだったのかな?と好意を疑った。

そのあと、すれ違い等で結局別れたけど、お互いのことをよく知る前から結婚の話は重すぎる」(30代・IT)

絶賛婚活中で、彼氏をゲットしたとたん本題に入る女子もいるかもしれません。

でも、婚活の場で出会ったわけじゃないのなら、付き合ってすぐ結婚の話をするのは「重い」と感じられてしまうでしょう。

まずは結婚の話の前に、お互いの内面を知ることを優先しましょう。

「相手にとってOKかNGか」がポイント

あなたとしてはささいなこと、普通なことでも、彼としては大ショック!ということもあります。

「彼にとってNG」なことであれば、あなたからの愛情を疑ってしまうことにもつながります。

彼との話し合いの場をきちんともうけて、意見をすり合わせておくのがおすすめ。

無自覚に彼を傷つけてしまわないよう、配慮していきましょう。

(美佳/ライター)

(愛カツ編集部)